2017/02/27

「魏の都・許昌」メモ

あまり好みではなかったんですが、せっかなのでどんな内容なのかメモ。作者は漢気猫久さんです。
三国志をモチーフにしたわりと大型な街シナリオで、依頼を受ける、金儲け、仕官して出世、リューンスキル強化版の開発、現地妻ゲット、家購入などができます。とくに金策シナとしてはかなり優秀というか儲かりすぎかも。

とりあえず、この作品の特徴的な部分をご紹介。

【仕官・出世について】
魏に仕官する(志願orスカウト)、もしくは出世して官位を得ると以下のことができるように。
合戦や任務をこなしまくると出世して官位がもらえます。

●特定の依頼を受けられるようになる(中身は普通の探索やお使い&ザコ戦)
●合戦に出ることができる(ギミック戦闘やザコ連戦)
●巡察や海上警備の任務ができる(なぜ海上警備するために船を購入しなければならないのか…そして作り途中)
●給料がもらえる(毎回、任務を1回はこなさないともらえない)
●郊外の村の道具屋の娘たちに求婚できる(他にも条件あり)
●特定のスキル・アイテムを使用できる(練兵所、戦術研究所、兵器しょう?、レア鉱石交換)

【合戦について】
基本的には普通の戦闘。”敵陣”と”敵将”に止めを刺したのがPCなら出世に必要な「勲功」がもらえるかどうかが決まる。
あと、たまに敵がレア鉱石を持っていて、貯めるとアイテムと交換してもらえます。

●厳白虎戦:チンピラみたいな敵で、倒すと彼のエピソードが観られるのですが、それがとても人を選ぶ内容な上に若干長くて効率が悪い。町の劇場でPCが演じられるのがこのエピソードなので、苦手な人は見ない方がいいです。とくに得られるものもないので。
●袁術戦:効率よく出世したいならこれ。3~4回連続で戦闘することになり、稀に出現する呂布を討つと大量に勲功ゲット。
●賊討伐:何十人というチンピラと戦うので相手の攻撃を待つだけで時間が…。カード表示スピードなどを最速にして全体攻撃すると爽快でした。連戦可能で大量に倒すと勲功も多くもらえる。千人斬りで経験点も。

【特殊なスキル・アイテムについて】
仕官したか、官位を持ってないと使えないスキルなど。PCを頻繁に入れ替える人には向いてません。

●練兵所:3レベルで使える超強力魔法スキル4種を購入。九品官以上の官位がないと使えない。
●戦術研究所:手持ちのリューンスキルを同種2枚を研究(削除)することで、成功すれば上位スキルゲット。技能レベルが少しアップして、攻撃力、命中などがアップするか全体攻撃に。仕官してないと使えない。
●兵器しょう:鉱石を使って成功すると、ねこ召喚スキルのアイテム版(10回)をゲット。要仕官。
●景品交換:ここでしか手に入らない猫召喚スキル(八品官以上)や特徴クーポンを自由に付け替えられるアイテムゲット。

【現地妻ゲット】
郊外の村に家を購入し、名声がある程度あると、その村の道具屋の娘に求婚できます(村ごとに嫁を持てる)。
結婚をOKしてもらうには、さらに条件があるみたい。

【株で大儲け】
シナリオに入るたびに株価が変動するので、1000sp以下の時に買えるだけ買って1000sp以上になったら全部売る、を繰り返すと10分くらいで1万sp以上稼げると思います。
ここで荒稼ぎして銀行に預けると、後は勝手に利息がついて増えていくという…(ただし個人に紐付けされるので連れてこないともらえない)。ユーティリティいじって所持金増やすのとあまり変わらないレベル。

【疲労度について】
依頼、合戦、任務、採掘などで疲労度が溜まっていき、疲れすぎるとリューンに帰れず、宿or持ち家に泊まるか、マッサージしてもらわないと何もできなくなります。住宅街にある家は結婚と関係なく、位置的にも使い辛いので使い勝手が悪い。

【その他】
●郊外の村ごとにお酒があるので、お酒コレクターは一見の価値あり。
●猫召喚スキルが色々あるので、ネコ好きは一見の価値あり。
●魚釣りはそこそこ楽しい。何でもかんでもザコ戦発生しなくてもいいのに…。
●薬の調合ができるものの、効果は傷薬や解毒剤と変わらない。
●遊技場で遊べる中で、集団麻雀は狙って勝てる。

2017/02/26

SARUOさんの「フィーとイルザ」シリーズ感想

「フィーとイルザと影の島(1~3)」

チョコ作りから始まって、不穏な空気もありつつ最後はほのぼの。モフモフは世界を救う?
フィー様にチョコもらったよ~。

「フィーとイルザと悪の花園(3~4)」

クー・シーっていうのを初めて知りました。ケット・シーの犬版かぁ。わんこな獣人たちが面白可愛いです。
マップはシンプルながら遊び心があって探索し甲斐がありました。APを消費して行動するシステムも面白い。
しかし、フィー様は行動力あるなぁ。
解錠の消費アイテムと、強力回復アイテムゲット。

「フィーとイルザと氷鬼の城(3~4)」

このシリーズ好きだなぁ。
まず「悪の花園」と同じ、一本道のダンジョンがいくつもあるタイプが好きですね。ちょこちょこ謎解きがあって飽きないし、色々キーコードにも対応していて探索してる気分になれます。
演出効果もあってラスボス戦は燃えたし。
それに、フィー様の天然っぷりも楽しい。またいつか彼女に振り回されたいです。

2017/02/23

カードワース まとめ感想 2017/02/23

たまに結構前にクリアしたのも混じってます。

「300SPで運試し」
300sp払ってランダムでアイテムが手に入るんですが、3000sp分まとめてできるのが親切。2回やったらコンプできました。にゃんステッキ可愛い!いらないのを売却したら6000sp以上になったのはラッキーだったということなのか、それとも結構な確率でなるのか?
「亡霊と首飾り/カエシテ(6~8)」
サクッと終わるホラー戦闘シナ。報酬であげるくらいなら素直に返せばよかったのでは?もう一つの依頼についての情報に気付かなかった(汗)
「儀式の森にて(4~5)」
オートマップだとホッとします(笑)先制攻撃や魔力感知?を勝手にやってくれるのでサクサク探索できました。肉体属性や物理が効かない敵もいて所持スキルによっては苦戦するかも。何気に雑談のパターンが多いのが嬉しい。最後のセリフで「ええ!?」となるのがよかったです。
「死の谷へ薬草を求め」
6人専用男性向けの全レベル対応型短編シナ、パーティの平均レベルに合わせてボス戦の敵のレベルも変わる模様。マップが広いのでエンカウント率は下げて頂きたかった…。不穏な選択肢があるので悪人プレイもできそう。やらないけど。
「水鏡の国(5~10)」
観光地というだけあって、街の中を見て回るだけでも目と耳をを楽しませてくれます。手に入るスキル・召喚獣も美麗!PCがいきなりテロリストを強請ろうとしたり、依頼人のやり方には「え?」となったけども、彼らがやったことを美化せずに犠牲者の描写があったのは好感。ところどころ裏返しの人がしゃべりだすバグがあったものの、丁寧に作りこまれた作品でした。
「怪物としての自己定義(2~10)」
うわ~失敗した。新人吸血鬼がいなかったので古参でやったけど、やっぱりイメージ合わないや…。吸血鬼PCを作ったばかりの頃に出会いたかった。
「希少種のゴブリン(1~3)」
依頼人がインパクトある戦闘シナ。まあ言葉が通じるだけで争いが収まったら戦争なんて起きないよね。むしろわかるからこその苦労もありそう。
「おかえりなさい。」
いいですね~、娘さんにおかえりなさいを言ってもらいたい!疲れた時に癒してくれそうなシナでした。
「おいで、おいで」
エンディングは2パターンで、短いのにホラー感出てました。結局戻ったのはどちらなのか…(ブルブル)
「20回死んだ男」
バトルだけなんだけど、何気にしみじみ。意志表示できたのは解放されたから?19回殺したのは誰なんだろうなぁ。

2017/02/21

「アモーレ・モーテ(警護依頼)」感想

推奨レベル:2~4
作者:"S"2002さん

簡単な護衛の依頼だったはずが、寄った村で妙な事件に巻き込まれて系シティアドベンチャー。
よくある展開ですが、とても丁寧に作りこまれていてやり応えありました。後味はかなり悪いもののやれることはやったので(何もできてないとも言う)ある意味清々しいですね。
少なくとも、誰にも知られずに葬り去られるよりは、誰かにこの哀しい運命を知ってもらえた方が浮かばれるんじゃないかと。ほら、金田一さんの存在意義みたいな。
NPCがとても魅力的で、彼と一緒の依頼で良かったなぁと思えるので、そこら辺がとても印象に残りました。彼のことを思うなら、厄介ごとには首を突っ込まない方が良かったかも。
何個かルートがありそうですが、この作者さんの「狼退治の依頼」は全部鬱展開だったので、どのルートを選んでも村の悲劇は回避できなさそうな気がします。
冒頭で親父さんにツケを払ってあげた時は、こんな重い展開になるとは思いもしなかった…。

収穫:神聖な攻撃が3回できる「聖油」

2017/02/18

カードワース まとめ感想 2017年2月18日

100kbシナを遊ぼうと思ったけど積みシナの中から探すのが大変なので、サイズが小さい順で遊んだり、すでに解凍してあったシナを遊んでます。

「神聖なる病」
マルチエンドなシティアドベンチャー。後味は悪いけど、実際にこんなことになればできることは限られているよね。昔ながらの雰囲気が良かった。しかし、依頼で届けた「医学書」に「アンデッド作成」というキーコードが設定されているのは…。実は騙された?
「親父達の集会」
何故か4人の親父と戦う狂い系バトルシナ。麻痺・中毒・呪縛・眠り・暗殺無効とか、親父強いなぁ。もうあんたらが依頼こなしちゃいなよ!
「甘美なるティー・タイム?」
非善人向け読み物。こんな時のために連れ込みした悪人寄りのキャラが役に立った。無口口調がなかなか合ってる。夫人の言動に垣間見える不気味さと、裏がありそうな依頼の雰囲気が良かったです。
「一つ目小箱」
鉱石を換金してくれたり、お酒をあげると粗品をくれたり。余ってたお酒と鉱石を一気に処分できて助かった。でも、いくらで買い取るのかくらいは教えてほしい(汗)
「キャベツ畑のコウノトリ」
笑った。まああちこち行ってる冒険者ならありえないことではないよね(笑)全然一致してないのに、どう見間違えたんだろう。ぴったり当てはまる人でやると、流れが変わるのかな?
「リーダー、決断を」
夜の宿で酒を飲みながら昔話を聞く読み物。サクッと、そしてしみじみ読ませてもらいました。切ないなぁ。役割分担をどこで使ったのかわからなかったけど、誰が残るかで適任かどうかを判定してたのね。そういう使い方もあるのか~。
「風呂場の中心で恥ずかしい必殺技名を叫ぶ」
タイトルの通りの内容なんだけど、それを聞いていた仲間たちの反応が客観的に淡々と語られるのがツボでした。何気に裏技仕込んであるのが良いですね。高レベル向け双狼牙みたいなのをゲット。惜しい!ちょうど低レベル向けを探していたところだったのだ。
「宿にチンピラ」
話してると、なんか可愛くなってくる。話し相手がいるっていいよね。
「相棒探しの依頼」
寝坊してはぐれた相棒探しの依頼を二人で受ける読み物シナ。二人の関係を恋人、主従、友達+ノーマル、ケンカ、暴走、片想いで決められるので、色んなPCで何度も突入したくなるね。テキスト量が多くなくても、伝わってくる二人の関係がグッド。NPCもいい味出してました。鬼かと罵る親父さんも好き(笑)
「床下の健啖家」
掃除できない人の掃除の手伝いをする依頼。地下にアレがいる理由に笑った。たしかに値上げされると家計に響くもんね~。にしても、冒険者たちがあのマジックアイテムを素直に渡すとは。冒険者稼業やってれば、いつか魔導士協会とかにコネでもできそうなのになあ。

2017/02/15

カードワース まとめ感想 2017年2月15日

また感想を溜めてました。シナリオ完成したし、しばらくは積みシナを遊ぶのに集中するぞ~。

「愛しのポルトフイユ」
お小遣いを心待ちにしてる冒険者可愛い!!!色々クーポン対応していて、それに沿ってお小遣い増量アピールするんだけど、吸血鬼とか死霊術死とか結構すごい内容だったり(笑)仕事はあるぞと間に入ってこようとする親父さんの扱いも面白かった。色んなパーティでやってみたいシナリオ。
「飛んでけ!この想い」
懐かしいですね、スマブラのホームランなんとか。冒険者なんてストレス発散対象はたくさんいると思うのに、あえてこんな平和的な方法を(笑)親父さんの巻き込まれ具合が面白かったです。
「親父jump」
よくわかんないけどすごい。まさに狂い系。元ネタがあるのがまた…。アニメーションなしだと意外とすぐ終わるものの2回は無理かな。オールスターステージが楽しいです。ぴょーん、ぴょーん。
「祝日のネットワヤージュ」
パーティ一緒に大部屋に泊まってるのかな。「フォーチュン・クエスト」を思い出しました。人間関係を決められるのでイメージも崩れにくいし、片想いとか保護者とマスコットとかの関係もすごく可愛いです。癒し。
「ヨールカ」
何も知らないとスライムは怖いよね。物理効かないし溶けるし。弱点に気付ければ村人でも対処できそうな感じで、だからこそ”知ってる”冒険者が冒険者やっていけるんだなぁと思いました。
「木守り人の唄」
祠に住み着いた魔物を小人と協力して退治する依頼。村の描写はないのに、伝承が伝わる村の雰囲気が出てました。魔物の得体が知れない感じもいい。時には退くことも大事ね。重症時しか使えない強力スキルゲット。
「鏡開き」
お母ちゃんになんてことを(笑)ある理由で鏡開きの儀式を行いたいというおっさんの依頼を受ける読み物。何気にほのぼのしててよかった。お汁粉が食べたくなる。
「殺害依頼(彼女を殺せ)」
PCの行動で真相が変わるのが面白い。逆転の発想ですね。
「狼退治の依頼」
意外と色々分岐して基本的にはやりきれないEND。ドルクと戦えないモヤモヤ感がこの作品の味なのかな。あと、狼憑きと人狼の違いをPCが解説するシーンがあるんだけど、人狼の子が解説するからクーポン対応してるんだーと思ったら偶然だったっぽい。これぞカードワース。
「月光に踊る長靴」
猫可愛い。でも結婚式にプルクラを招待していればこんな面倒なことには…。プルクラにしっかり話を聞かないとベストエンドはみられないようで、なおかつ会話に回数制限があるので何度もやってしまった。しかしアイルーロスよ、嫁はどうしたんじゃ?一緒に来れば面倒見るのに!

2017/02/14

ゴブ洞改変「封鎖された洞窟(Next専用)」公開しました

たまたまタイミングとサイズがちょうどよかったので第6回100KB祭りに参加させて頂きました。
映画でよくあるシチュエーションを再現してます。ホラー映画が好きです。
対象レベルは6人パーティで3~5を想定してますが、一人でもたぶん大丈夫(若干セリフが変になるかもしれません)
探索シナというよりギミック戦闘シナになっております(人外パーティだと何も起こらない可能性も)。でもマルチエンド。ルートによっては大金が手に入るよ!

バグ等ありましたらコメントかメールフォームで教えて頂けると嬉しいです。

【---注意---】
▼対象消去や色々なマイナスクーポンがつく可能性があるので「リセット上等!」という方のみプレイして下さい。
▼「亡者退散」や「聖水」などの「神聖な攻撃」キーコードがついたスキルやアイテムがないと危険です。
▼色んな所に「鑑定」したり、仲間に死霊術師(ネクロマンサー)がいると難易度が下がります。
▼地雷シナかもー!

最終更新 2017.06.09 封鎖された洞窟 Ver 1.05 DL

(2017.06.09の更新内容)
▼主従関係のクーポンをお借りしてたんですが、さすがにこんなシナでこんな風に使うのはダメだろう…と今さら気付いたので削除しました。あと、隻腕隻脚クーポンもエグイかなと思って削除。
▼「護りのロザリオ」を強化しlv3まで使えるように変更。
▼手に入る金額が高すぎたので下げました。

***************************

また自分で描いた素材も公開してます(なんとなく描いた素材もついでに公開)
一括DL



【素材の内容】
噛みつく、(以下、関係ない素材→)失敗料理、人面樹

【画像素材の利用規約】
CardWirthでの利用に限り、ご自由にお使い頂けます。
加工・合成、リプレイ、インポート、クロスオーバー、スクリーンショット、二次創作、ウェブ上以外での個人利用など、ご自由にどうぞ。
報告の必要はありません。

素材を使用した際には、シナリオのreadme.txtなどにyoinoの名前を表記して下さい。

ブログ名 指をり数へて
URL   https://nyaosuke.blogspot.jp/
管理人名 yoino

素材のみの二次配布は禁止します。
ただし、ブログ閉鎖・消失などで素材のダウンロードができなくなり、私と連絡がつかなかった場合に限り、代理配布を許可します。