2019/05/21

CW「ノルマ達成の洞窟」感想


レベル:1~10
作者:ネコノツメさん

ゴブ洞のお約束ノルマを達成していくゴブ洞改変。

カードワースのあるあるネタに逐一反応してくれるのが楽しいです。
いつもと同じことをしていても反応があるかどうかワクワクするし、全部ノルマを達成してやろうと色々試したくなったり。

NPCの猫人ミヒャルトもとっても可愛くて、占いをしてくれるというからPTメンバー全員見てもらいました。
彼によるとsithisたちは「騒がしくて落ち着いた印象」らしいです(笑)
プレイ時間の大半は彼とおしゃべりしてた気がする。

洞窟ではローリー君がやっぱり面白いし、宝箱のあれこれも楽しかった。
掌破好きはぜひ掌破を選んであげてね!

3回目の挑戦でやっとノルマをすべて達成。やり込みたくなるゴブ洞改変でした。

2019/05/16

CWまとめ感想(2019/05/16)

「轍を辿る正義(1~15)」作者:柳の灯さん
「一人用シナリオ」「絶叫.wav」「(音楽を除いた)全素材自作」「不条理系」「高い難易度バトル」「アニキ」「12人の祖母」「ずんだもち」のお題に沿った戦闘シナ。…全素材自作って!?かなり無茶ぶりなお題でも、すべて取り入れてるのがすごいです。アニキが登場するのにシリアス保ってるし。バトルは暴露持ってなかったので片っ端から潰していきました。おばあちゃんの方は解決したけど、アニキの方の誤解は解けたのかな(汗)

「平成モロコシ伝説」作者:ロボ3号さん
「小豆」「おっぱい」「ミニ四駆」「飲むヨーグルト」「モロコシ山」「実況と解説」「イカ釣り漁船」「Gorilla」「伝説」「蟹工船」「イケメン」「エビチリ」「ウイルス」「孤島」「トウモロコシ畑」のお題に沿った短編シナ。バイオコォンのインパクトですでに勝利してるんですが、さらにそれに勝つとわかる脱力のシナリオ構成も処女作とは思えないクオリティでした。実況解説の部分のメッセージ表示の仕方とか勉強になったし。lv7PTでバイオコォンにぎりぎり勝利!

「魂は還りて銀湾揺れる(5~7)」作者:覆面ノルドさん
「メイリア調査団」「天の川」「居合切り」「トリケラトプス」「コアップガラナVSキリンガラナ」「気功法ガラナ」「覆面掌破」「アニキ」「春のお祭りに眠れる地竜とカナンを呼び覚ます祭りの大騒動シナリオ」「厨二病」「ベータ研究所」に沿った短編シナ。ベータ研究所のメンバーの出番が少ないのがちょっと寂しいけど、あの新型石像鬼のインパクトにやられた(笑)そりゃあ、あんな研究所と間違えられたくないよなぁ。そしてメイリア調査団の万年14歳みたいな調査員は純粋に祭で羽根を伸ばしたかったんだろうか。天の川の正体とか儀式の結果とか、混沌としながらも最初から最後までお祭りの雰囲気で楽しめました。

「護りたいものいろいろ(5~8)」作者:三升さん
「宿の亭主」「恋愛」「僧侶」「侵略者」「逆転」のお題に沿った連戦シナ。一回目普通に倒してクリアしたら別ルートもあるようなのでやり直し。ラスボスが妙に可憐だと思ったら…!(笑)とても平和的なエンディングでした(今まで倒した屍の上で)(動物さんは無事だし!)命と引き換えに敵を一網打尽するギミックは使う必要がなかったものの、戦闘中ずっと視界の隅にある親父の顔がシュールでした。

「庭園の国、王の証(6~9)」作者:無名しさん
「お嬢さま」「姉妹愛」「体長五メートル超のカブトムシ」「罪と罰」「必殺の一撃」「デュエル」「自身の意思とは関係なく溢れる涙」のお題に沿ったギミック戦闘シナ。カードワースでデュエリストになれることと巨大カブトムシ以外はいたってシリアス。冒険者をクリーチャーとして敵と交互に1人ずつ召喚するデュエルが新鮮でした。姉妹の物語としてもスッキリとした結末で良かったです。美しいスキルげっと!

「OLだって異世界転生したい!」作者:しろねこさん
「積みシナ」「メガネ」「黒塗りの高級馬車にぶつかる……」「ホワイト企業」「キーコード「殺気感知」」「対象消去できない」「例のブツ」「AI2回行動」「カナン王」「しろねこの箱」「粉みかん」「お腹が空いた」「魔法無効化状態」「たんぽぽ」「世界の半分をお前にやろう。」「(:3冫)しろねこがくろまく」「黄金の鉄の塊」「パンジャンドラム」「姉妹愛」「はちみつ!」「辻斬り道化師」のお題に沿った短編シナ。ハチャメチャで勢いがあって面白かったです。これだけのお題をよくぞ。聖水が効かないあの方は普通にカッコいいですよね。黒幕が可愛いのでつい「はい」と答えたらゲームオーバーに(笑)さりげなく仲間になる勇者のキャラが濃いし、レイカさん可愛いです。レイカさんはすぐに冒険者に馴染めそうだなぁ。

「掌破爆発」作者:九十九さん
某ゲームのオマージュ作品。元ネタはタイトルだけ知っていて「こんな感じなのか!」と楽しめました。戦闘に向いていない村人PCハロル君で挑戦。何回も光の中に消えたけど、バラバラに解体できた時の爽快感がいいですね!一度クリアしても、どれだけ手数を減らせるか挑戦するのも楽しい。これだけでも十分やりごたえあるのに、さらにバージョンアップ予定ということで楽しみです。

「枠のなかプチテロを鎮圧するだけ」作者:生野菜サラダさん
ほしみさんの「枠のなか〔7〕」に繋がる感じの仮面の鑑定企画便乗プチテロ鎮圧シナ。このノリがいいんですよね~。いつもと違うのは他のメンバーがちゃんと仕事してるところか(笑)自警団の人にも完全に暇人扱いされてるし、テロ鎮圧に駆り出されるのが嫌なら真面目に働けということですね。他の依頼を受けに行ったルティスさんがレベルあっぷ!

「語る老獪」作者:かがちさん
病を患う依頼人が日記を綴る間、話を聞いてほしいという一人用読み物シナ。ちょっと怖い顔とか思ってたけど、話を聞いていると温かみのある人でしんみりしてしまった。と言いつつ、うっかり連れ込みルートを見つけてしまい、悩んだあげく本人の意思を無視して連れ込んでしまうという…。老人の連れ込みは貴重だからさぁ。ランプの灯が、オシアンの命を表現しているのが好きです。

「ダムルダムル禁書(6~8)」作者:三升さん
「情報カード」「貴様ッ!見ているなッ!?」のテーマに沿った20コンテンツシナ。シンと静まり返った部屋で、何やら重々しい雰囲気を放つ禁書解析に当たります。杖で解析するたび禁書からプレッシャーが!頭脳担当PCの、いつもとは違う戦いに痺れます。最後は普通に倒してしまったけど依頼成功でいいのかな?魔術師系ボスに有効そうな杖げっと!

2019/05/12

CWまとめ感想(2019/05/12)

「閃鋭【枠のなか】(10~)」作者:かがちさん
狂った戦士に引導を渡す戦闘シナ。linux宿の戦闘特化PTで突入したんですが、うっかり後輩に防具や技能配布アイテムを貸しっぱなしで来てしまったので結構苦戦しました。なけなしの全体回復アイテム2つと癒しの錫杖があってよかった!バフをちゃんとかけて、竜殺し系の攻撃力の高いスキルを二人に持たせ、余計なスキルは持たせない作戦で強行。ラスボス戦は二度目でなんとか勝てました。最初から体力削れてるのにこの強さなんだから、万全な状態だったら絶望しかないね。「枠の中」の使い方と手に入るアイテムの解説がかっこ良かったです。

「若葉知らぬ毒喰みの姫(5~7)」作者:たといさん
「水銀」「無限ループ」「泥の城」「令和になれば時効になりツケがなかったことになるから逃げ続ける冒険者たちに襲い掛かる親父」のお題で作った短編。戦闘のある読み物ですが、ちゃんとお題もクリアしてるし冒険してる感じもあるし、何より美しい…!哀しい恋の物語に、思わず犠牲者がたくさん出たということを忘れかけました。回復系スキルとアイテムげっと!

「20段の天国への階段」作者:しろねこさん
spが落ちてるという塔に登る二人以上用20コンテンツシナ。でたとこギャンブラーズの出番ですね!落ちてるspの額が思ったよりも多かった。きっと彼らも対象消去のスリルと「もう1回だけ…」という欲との狭間でハイになってたことでしょう(笑)一回目はサクッと対象消去され、2回目は1000sp稼げたのでホクホク顔で帰りました。引き際が肝心(一回消されたくせに)

「連続大量失踪事件を捜査した結果」作者:生野菜サラダさん
「大爆発」「吸血鬼」「推理物」「姉妹愛」「サラダボール」のお題に沿って作られた一人用短編読み物。名探偵リンちゃんが思いのほかサマになってました。種族が変わってしまった悲哀は彼女にも分かるだろうし我ながら良いチョイス。コミカルな部分もありつつ、背景には悲しい姉妹の物語があって引き込まれます。探偵もののお約束も踏襲してるし、サクッと読める短編でした。

「ヘイセイとレイワの間に」作者:オサールでござ~るさん
「アニキ」「恋愛シナ」「揚げじゃが」「親父」「全裸」「アニキ(追加)」「壮大」「ツケ」のお題に沿った短編。ちゃんと恋愛とアニキを絡めていて笑えました。王族って身近にいるようなタイプにはうんざりしてそうだし、見たことのないタイプに惹かれたのかな。誰も娘さんを心配してないところがまた…。まあ娘さんなら自分で解決できそうだもんね。

「親父官房長官」作者:なにおさん
これは平成最後にしかできないシナリオですね。親父の毛むくじゃらな腕がいい感じです。思わず連打してしまいました。こういう作品を全力でつくるところが好き!

「海底都市線」作者:禄山さん
「ヒトデ」「海洋生物フェチのモブ」「セイレーン!」「たこ焼き」「姉妹愛」「たき火」「ああ! 窓に! 窓に!」のお題に沿ったホラーちっくな短編。まるっこい車掌さんが可愛い!と思っていたら、何やら不穏なことを言い残して…。夜の見張り番をしている間、何度も繰り返される悪夢が不気味です。やっちゃダメと言われるとやりたくなるので、ついつい規則をやぶってみたり。結局夢オチを選んでしまったけど、対象消去だけでなく海底バリアントの住人として新しいPC連れ込みだったらそのまま確定してたかも(汗)海底バリアント気になる~!!

「宿の娘と20個の耳飾り」作者:シレイユさん
「宿の娘」「耳飾り」のお題に沿った短編読み物。耳飾りをどれにしようか迷う娘さんが女の子らしくて可愛い!娘さんファンにはたまらないのでは。こんな日常を共有できる冒険者は幸せものです。桜色のピアスを選んであげました。

「覆う瞼に芽生える」作者:かがちさん
「アニキ」「お色気展開」「水着回」「ツルペタロリツインテール」「血と涙」「平和な回」「種」「遺伝子」「夢」「プリキュア的ハッピーエンド」「おっぱいうp」「肉」「おろし生にんにく」のお題に沿ったマルチエンドの一人用読み物探索シナ。マルチエンドといっても2~3通りかなと思ってたら、7通りくらい?あるようでどこで分岐するのかぜんぜんわからないです。しかし、どんなにめちゃくちゃなお題をもらっても、かがちさんにかかれば深淵を覗いているかのような危うさのあるシナリオに昇華されるのですね…。アニキを使っているのに全く飲まれていないどころか、アニキの存在はこの物語の歯車の一つに過ぎないという感じでした。

「爺さんと遊ぶだけ」作者:満月丸さん
カナンを倒せし者PC一人用短編。倒したことはあるけどとっくの昔に永眠させてしまったので、ツッコミ役にぴったりのラッツ(偽)さんにクーポンつけて突入。いやぁ、笑った笑った。カナン様が可愛すぎるんですけど!!!こんな楽しそうにプリクラしてくれるなら、代金こちら持ちでも全然OKです。ラッツさんのツッコミも冴え渡って、知らない人が見たら仲のいい親子に見えるかも?楽しい一時でした。

2019/05/08

CW「琥珀色へ至る路」感想


推奨レベル:5~6
作者:柚子さん

遺跡から持ち帰った鏡によって仲間の一人が大変な目に遭う戦闘ありの中編探索シナ。
フィールド探索とダンジョン探索、仲間との絆にドラマティックな展開とグイグイ引き込まれました。
いろんな要素が詰まっているのにバランスが良くて、プレイ中にダレることも戸惑うこともなかったです。

最初の食糧を確保しながらフィールドを移動するパートは、あてどなく1人彷徨うPCの不安を共有できるし、民家や町に着いた時の安心感、そして財布と相談しながら必要なものを見極めて買っていく冒険者らしさも味わえます。
何気に経路が二つあるので好きな方を選べるし、いろんな場所を移動するので旅行している気分。

そんな中、不安要素が一つ、二つと増えていって、これはヤバいかも…と思ったところで燃える展開!
謎が解ける爽快感に、罠あるダンジョンの緊張感、…からの大団円でめちゃくちゃ楽しめました。
お酒のエピソードもホロリとさせてくれます。

冒険の魅力が詰まった一作でした。

2019/05/04

CWまとめ感想(2019/05/04)

「ストレンジ・ナイト(4~6)」作者:うらさん
吸血鬼退治を依頼される戦闘あり中編。血なまぐさい事件でしたが、とてもロマンティックなエピソードもあってプレイ後の印象は重くないです。一回目でトゥルーエンドに行ったので、別ルートでは印象が変わるかもしれませんが…。黒幕が清々しいまでに真っ黒なので(どんな面して話を聞いていたのやら!)、ひときわ純愛の美しさが伝わってきたのかも。姿が変わっても変わらない愛にホロリとしました。あと、通販大好きな娘さんが可愛かったです。

「僕のお兄ちゃん知りませんか?(5)」作者:うどんこさん
はぐれた兄を探してほしいという依頼。ムキッとしてる兄に呆れつつも探しに行く兄想いな弟くん。思ったより敵が強くて焦りました。女の子PTが嫌そうにしながらも依頼遂行するところがプロ。ハロ君は一体何だったんだろうねぇ。女の子PTなのにまたアニキっぽいスキルを手に入れてしまった…。

「幽霊屋敷(3~4)」作者:野澤さん
雨宿りしたら幽霊屋敷に閉じ込められる中編探索もの。屋敷と言うだけあって部屋数がかなり多いです。ランダム戦闘が少なめで助かりました。回復役がイベントの亡者の手にやられて焦ったものの、お屋敷内に消費アイテムが結構あるし、魔法薬を持ってきていたのでなんとか。幽霊やアンデッド系のモンスターに加え熊人間みたいなのにまで襲われたりして、まさにお化け屋敷です。ガンテツという退魔師さんのおかげで、結構明るい気分で探索できました。諸悪の根源を倒したことで屋敷の人たちの霊も開放されてたらいいなぁ。爽やかなラストでおみやげもたくさん。大満足でした。にしても呪縛解除が手に入るってことは、どこかに対応イベントあったのかな?

「長靴の黒猫(3~5)」作者:ナスカさん
長靴を履いた猫をベースとした悪役向け読み物。猫ちゃん可愛ぃーーー!色々と怪しいけど可愛いから全面的に協力してしまいました。まあ、使い捨てられないように多少は気をつけたけども。童話の方の話をすっかり忘れていたので、ああこんな話だったなぁと懐かしく読めたし、そこに悪役PCたちが関わって冒険できるのが楽しいですね。人喰いと呼ばれる魔法使いさんはたぶん「美女と野獣」の野獣と混ぜてると思うんですが、中々にやるせないもので悪役PTの相手にふさわしかったです。猫ちゃんと魔法使いの対決も頭脳戦という感じで良かった。あと猫ちゃん可愛い。作者さん手書きのイラストが絵本っぽくてとても可愛い。もう帰還の法を使って連れ帰りたいくらい可愛い。どうしよう…!(我慢しました)

「遺体捜索依頼(Blue Flower)」作者:yourmonoさん
殺された少女の遺体を犯人の家から探す短編ホラー探索シナ。モノクロを基調とした手描きイラストと、それがゆらりと動いたりするのが不気味で良かったです。家の中にある写真や日記などを手掛かりに捜索するんだけど、ウロウロしてると手助けしてくれる存在もいてサクッと解決。…すでに捜索しただろう村人には手助けしてあげなかったんだろうか?(見えなかった?)そして最後のあの場所は外じゃなく地下なのかな…。

「連環の鳥籠(4~6)」作者:むぅさん
プレイ後にタイトルの意味がわかって、運命の残酷さにしみじみしてしまうマルチエンド読み物。どう行動しても少なくとも片方は不幸になってしまうから、関わってしまった以上心にモヤモヤとしたものが…。いちおう冒険者として出来る限りのことはしたので納得はしていますが。パーティで美味しいものが食べれるかも、と軽い気持ちで受けた依頼で他人の人生の大きな分岐点に鉢合わせてしまった感じ。NPCの心情がそれぞれ伝わってきたし、ハッピーエンドではないけどロマンティック。こういうモヤモヤは結構私好みで良いですね~。

「死霊術師の隠れ家(3~5)」作者:Leeffesさん
ミマスさんの「不在の遺跡調査」やLeeffesさんの「宵楽都市サテラバス」とクロスオーバーしているQubesダンジョン探索シナ。割とコンパクトなダンジョンですが、罠や隠し扉、仕掛けなんかもあって探索の醍醐味を味わえます。死霊術師の隠れ家ということで、ぎょっとするものもあったり。うっかり亡者退散系スキルをもたせ直すのを忘れて戦闘でやや苦労しましたが、やりごたえはちょうどよい感じ。クロスオーバーのシナリオをやったすぐ後にプレイすればよかったな。スキルと使いきりアイテム2つげっと!

「黄昏は煉情の墓標」作者:caccoさん
片想いPCと片思われPCの全員で入れる二人用読みものシナ。選択によっては片想いやめたり、両片想いや両想いになったり。いつもの二人でいつも通りプレイしたら何も関係が進展しなかったので、ルートを確認してから再プレイ。片想い継続ルートもいつも通りのヤキモキ感がたまらなかったんですが、告白両想いルートも良くてニヤニヤが止まらなかったです。NPCの物語がいい具合に二人に影響を与えていて、どんなルートを選んでも雰囲気に浸れると思います。ただし、告白ルートは片思われから告白することになるので人を選びそう。

「わくわクエスト!」作者:禄山さん
RPG風短編シナ。セリフとメッセージコンテントのみで繰り広げられる世界はまさに昔懐かしのゲームのようでした。ちゃんとメニュー画面で装備やアイテムを確認できるのがすごい!王道RPGのあるあるネタを交えつつコミカルに進んでいく冒険は、ドット絵NPCの可愛さもあって楽しめました。あれだけの画像を用意した熱意に圧倒されます。もちろんワク君とトーゾは連れ込みました。二人と並んでも違和感ないドット絵冒険者を用意しなければ…!

「枠の中の思い出」作者:はぎのりとさん
しんみり丁寧な探索、探索系KCはなくてもできる安心な一人用探索。想い出の品を探しながら、依頼人の過去に触れる感じが良かったです。思わず連れ込んでしまいました。とても人間味あるNPC。耳が長いからエルフかと思ってたら別の種族でちょっとびっくり。

2019/04/30

CW「湯けむりの攻防」感想


対象レベル:2~4
作者:ソイヤさん

ドワーフPTでやったら爆笑でした。どうして大丈夫だと思った!?(笑)
もう湯煙があろうが声色を変えようが無理なものは無理だろ状態なのに、何故か謎の自信を見せるビョルンさん。…この中では一番若いもんね。

冷静なオロフさんやツッコミ役担当だったドゥリンさんは抵抗してましたが、最終的にはみんなノリノリ!
この髭面で頑張ってきゃぴきゃぴする姿を想像しただけで腹筋崩壊です。

にしても、ガールズらしくお話しようと苦戦してたのが親父の話で盛り上がるあたり、みんな親父さん好きだよね~。
先に女の子PTで突入した時は、女の子らしいトークどころか鬼軍曹だったのでギャップも楽しめました。

泥棒退治からまさかの伝説との遭遇、そしてあのオチ。PTごとに違った反応が見られて楽しかったです。

2019/04/26

斧スキル販売シナリオ

ドワーフPTのために斧技能を発掘したので自分用簡易メモ。
ハルバード(槍斧)は含んでいません。

SIMPLE2000シリーズ THE 野宿:筋力勇猛3、筋力好戦3(デバフ2種あり、英雄の剣に斧版あり)
Treasure's Bottom:筋力狡猾1(必中)
Welcome to Adroad!!:筋力勇猛1(ドワーフ技能4枚のうちの1枚)
アークライト傭兵団:筋力好戦4・勇猛2
青空VIP市場:筋力大胆1
隠者の庵:筋力好戦1
斧と槍斧:筋力好戦10(魔法的物理多め、解錠あり)
階段都市ベルクレーヌ:筋力勇猛8(明かりや精神回復あり)
学術都市シュノーア:筋力好戦2(ドワーフ技能4枚のうちの2枚、遠距離あり)
風たちがもたらすもの:筋力大胆1・勇猛1(魔法的物理な遠距離あり)
狩人はテーブルに集う:筋力勇猛2・好戦1(解錠、沈黙あり)
技術都市アスラフィル:筋力好戦1
古城の老兵:筋力好戦1
湖水都市カスケード:筋力好戦6(一撃必殺、沈黙、呪縛あり)
酒と露店の街デューン:筋力好戦・慎重・社交・勇猛・正直・狡猾、各2(魔法斧)
参技指南所:筋力大胆6・勇猛7・好戦3、器用大胆2、敏捷好戦1、精神勇猛1(絶対成功あり)
城砦都市キーレ:筋力好戦2・大胆1(絶対成功あり)
新港都市ポートリオン:筋力好戦3、器用大胆1、精神慎重1(遠距離あり、伐採KCつき)
スムルトの籠:筋力勇猛1
静寂の都市フィルト:筋力大胆2・好戦1・正直1
昔日の英雄:筋力好戦2
小さな砂漠の集落に:筋力好戦4・大胆3(絶対成功あり)
知識と技術の店:筋力好戦3・大胆2・勇猛1(遠距離あり)
テンスアニバーサリー:筋力勇猛3・大胆2、正直1、狡猾1、好戦1(野宿にある技能は除外、絶対成功、暗殺あり)
闘者の杯:筋力好戦1(薙ぎ倒し)
蚤の市:筋力勇猛・大胆1、生命正直1、敏捷勇猛1(絶対成功あり)
白鳥都市グランダート:器用好戦4(絶対成功デバフあり)
羽持つ狩人:筋力勇猛9(魔法的物理多め、暗殺、遠距離、呪縛、中毒、絶対成功あり)
復興都市プロトキン:筋力好戦・正直・大胆・慎重、各1(銃斧、遠距離)
武闘都市エラン:筋力好戦2・狡猾2・勇猛2・慎重1(単体デバフ2種)
碧海の都アレトゥーザ:筋力勇猛1
ベルヌ伯爵領:筋力勇猛1・好戦1
辺境都市─ラルダヅ─:筋力好戦1
貿易都市サセビア:筋力大胆2・勇猛4・臆病1・好戦1、生命勇猛1(熟練度MAXで新スキルと交換)
貿易の街ミラノ:筋力好戦1
冒険者の店 奇跡堂:筋力好戦2、勇猛1
冒険者の宿で:筋力好戦8(熟練度MAXで新スキル開放、絶対成功あり)
焔紡ぎ:筋力勇猛6・好戦2・大胆4(束縛、デバフ2種あり)
魔光都市ルーンディア:筋力大胆1・好戦1、生命勇猛1(呪縛、デバフ、不能あり)
御心のままに:筋力正直6、精神正直1(デバフ、一撃必殺、亡者退散互換あり)
妖精の護り:筋力大胆8(魔法的物理多め、呪縛、デバフ、解錠、跳躍、登攀、絶対成功あり)
立体模型街イルズィオーン:筋力慎重1・狡猾2・勇猛1・好戦1(薙ぎ倒し互換)
リューン再発見:筋力好戦2
忘れ水の都:筋力好戦6・狡猾1(暗殺、束縛あり)
湾頭都市カトラス:筋力大胆8(魔法的物理多め、呪縛解除、デバフ3種あり)

2019/04/22

CWまとめ感想(2019/04/22)

「社畜の洞窟(2~4)」作者:むぅさん
パワハラを受けるコボルトからの依頼を受けるゴブ洞改変。疲れきったコボルトがまさに社畜という感じ。見張りの嫌な先輩っぷりとか、部下に任せて自分だけ昼寝してるバイトリーダー、立場を利用して社畜に無茶を押し付けるマネージャーなどブラック企業らしいです。妖魔の社会も大変だね…。宝箱に入ってるものに対する社畜の反応が良くて、思わず譲ってあげたくなりました。強く生きろよー。

「偽書・ゴブリンの洞窟」作者:ハロゲン=クラークさん
うっかりりどみを読まずに女の子PTで突入したら、とんでもないことになった(笑)いや、もう名前を見ないと誰だかわからないレベルなので、吹っ切れて最後まで読みましたが。豪快に突き進んでいく展開は面白かったです。彼らの辞書に不可能という文字はないのだ!ゴブリンたちは災難だったね…。おみやげいっぱいげっと(誰に持たせればいいのか…)。

「献身的な怪物(5~10)」作者:黒狐ぬんさん
夜道でチンピラにリンチされていた人を助け、お礼にお肉をもらう読み物。これはぞわっとしますね~。恐ろしい描写はほぼないのに、これ以上踏み込んではいけないと本能的に忌避感を覚えてしまう。ラスト、仲間との紙芝居のやり取りで怖いながら彼に興味が湧いてしまって、最初からやり直しました。彼を幸せにしたいけど、そのためにはPCに人としての何かを失ってもらわないといけない…。この背徳感がたまらないです。

「くだらないオチ(1~3)」作者:匿名希望の入沢さん
港町までの護衛をする短編ギャグシナ。1週目もくだらなくて楽しいんだけど、2週目が輪をかけてギャグ一直線でした。1週目のパロディということで、メタネタだらけだしフェイントを仕掛けてきたり。ゴブリンとの戦いはマジでやるのかと焦りました。あと、オチ担当のフーさんが実はさりげなく…にいるのには2週目で言われるまで気づかなかった(汗)色々と攻めてるなぁ。

「リューン歌声自慢大会(3~8)」作者:むぅさん
のど自慢大会に出場する短編。女の子PTで挑戦しました。優勝したら歌手としてスカウトされるんじゃないかと夢見てるところが可愛い。冒険者やってても女の子なんだなぁ。吟遊詩人エルフで挑戦したけど、特徴に合った選択肢を選ばないと高得点は出ないらしくて結構難しいです。連れ込みさんは特徴が書かれてない時もあるからね。君のこと理解してなくてごめんよ…。でも何度も挑戦して1位げっと。微笑ましい顛末でした。

「流星は滴る汗のごとく(4~)」作者:にべおさん
見事なセルフパロディ。あの美しい「青い月」の記憶が吹き飛びそうなほどの濃密なアニキでした(笑)関わりたくないオーラを出しつつ依頼を出すメイリア調査団の面々がなんというか…。難儀だねぇ。あの女性団員はすっかり毒されてるし、冒険者たちは依頼を受けた時点でおかしいし。最後のバトルはある意味神々しかったです。アニキが大丈夫ならオススメ。

「なんかヤバい洞窟(3~5)」作者:浜崎さん
これは…好き!冒険者たちのセリフがね、髭のドワーフたちでやったらボケ気味のお爺ちゃんみたいに見えてきちゃって…ごめん(笑)まあ私も似たようなもんなので、辛いのはとてもよくわかる。出てこないんだ、言葉が。コミカルなBGMもぴったりで、最後までクスクス笑いっぱなしでした。手に入った賢者の杖互換アイテム、もしかしてこの脳筋PTならほぼリスクない?

「墓標スクアドラ(1~)」作者:かがちさん
一人でお墓参りは寂しいという依頼人に付いていく短編読み物。影のある依頼人の話を聞きながら、一つひとつお墓を参っていくだけなのに、なぜこうも張り詰めた雰囲気があるのか…。依頼人の真意にはなんとなく気付きつつも、ただただ見守ることしかできず。どうしたら正解だったのかなぁと後から考えてしまうような依頼でした。

「恐るべきゴブリン退治(1~3)」作者:どもしペッテさん
これは燃えますね!低レベル冒険者が知恵と勇気で格上と戦う短編シナは大好物です。一回目のプレイではレベルを下げるのを忘れて普通に戦ってしまったけど、やはり対応レベルで挑む方が緊張感があるし、と再プレイ。退路を断たれ戦うしかない状況。その場にあるものを使って罠を作り、少しでも優位な状況を作って活路を見出すのが冒険者らしい!中にはそんなものまで使うの!?というものまであったりするけど、生きるためには手段を選んでいる場合ではないのです(笑)罠制作のメニューカードをクリックすると毒や棘を設置できるのに気付かなくて遠回りしてしまったけど、かなり苦戦しつつもやっと倒した時の達成感はひとしおでした。オールlv2でかなり苦戦した(毎ラウンド薙ぎ払いの恐怖!)ので、体力低めのPTならlv3以上がいいかも。シャベルげっと!(村人のを勝手に持ち帰ってよかったのかな?汗)

「ワイルドワース #1雪やごんごん(1~2)」作者:THさん
雪山の怪しい音の調査依頼。赤塔みたいなクリック型探索シナです。炎による攻撃KCがないとアイテムゲットのチャンスを逃すので、とりあえずドゥリンさんに熱掌破買ってきました。雪崩やクレバスなど雪山らしいイベントが盛り込まれているし、敵も雪そのものって感じでいいなぁと思っていたら、最後に熱いアイツが出てきたぁー!!完全に不意討ちで噴きました。気温が一気に5度くらいは上がってそう(笑)あれが音の正体だったのかなぁ…何をしてたんだか。サクッと遊べる探索シナでした。

2019/04/18

CWまとめ感想(2019/04/18)

「20回目の手紙」作者:満月丸さん
nextのステップを駆使して20コンテンツとは思えない量の文章を詰め込んだ読み物。何気に泣かせるお手紙だなぁと思ったらオチが(笑)親父ィ…!

「這いずるもの」作者:満月丸さん
PCの一人が暗闇の中でわけもわからず彷徨う短編ホラー。これはいいホラーですね!BGMも背景もない真っ暗闇の中を手探りで進んでいくんだけど、感触やら匂いやら物音やらの描写に「いったいここはどこなんだ!?」となりながらおっかなびっくり進んでいきます。暗闇に浮かぶ二対の光がゆら~と現れた時にはドキッとしました。分かれ道もあったりして引き返せないのも怖い。でも、ラストには見知った顔に思わず体の力が抜けて、クスリと笑えました。実は選んだPCがカニャン様だったので余計に面白かったです。手に入った専用アイテムもいいなぁ。

「慎重なゴブリンの洞窟」作者:満月丸さん
よく動くギャグ満載のゴブ洞改変シナ。ツケを一括で返せるうまい話に、慎重なPC含む6名が挑みます。洞窟に入って一番に驚かされるのがいつものアレが動くということ。その動きがなんだか可愛くて、いつものゴブ洞とは一味違います。そしてりどみにもあるように登場するアレとかコレとかソレがもうね、楽しくてくだらなくて大好きです!エフェブをふんだんに使っていてゴージャスなのに、内容がこれっていうギャップがいいよね!慎重PC役を連れ込みのラッツさんにしたら妙に似合っててよかったです。あとラストの親父さん、神々しい…!

「ネズミ達の饗宴(1~5)」作者:Te-yaさん
地下室への侵入者を捕らえに行くミニゲームありの短編シナ。タイトルからラット退治だと思ってたら思わぬ方向へ。もぐらたたき風のミニゲームは景品があるので気合入ります。しかし、チュインが可愛いなぁ。ラットたちも実はチュインが好きで引き止めたかったのかも?人外宿のレベル的に丁度良いPTを選んだら、見た目が人間っぽいメンバーを集めたPTだったので「人間の世界も厳しいぞ」というセリフに説得力がありました。サクッと遊びたい時にちょうどいい作品。

「拝金悪鬼」作者:糞虫(空想無私)さん
借金の取り立てのお手伝いをする短編。高利貸しのマイザーさんのキャラが立ってて、彼女と話してるだけでも楽しめました。借金の取り立てなんて嫌な役回りだけども、悪人PCじゃなくても問題ない流れ(わりとサバサバした人向けではある)。取り立てを通して人々の生活が垣間見えるところが良かったです。取り立ての際のマイザーさんとの会話では、裏表のない選択を選んでいたら気に入られたご様子。指輪と剣スキルげっと!

「ドラッグファイア(1)」作者:redさん
麻薬撲滅のため麻薬栽培のアジトに突撃する短編。最後に良識ある選択をするととてもあっけない終わり方をします。マイナスクーポンはつかないので良識に囚われずもう一つのエンドを見ましょう(笑)

「ゴブインの洞窟 -SAGA-(1~3)」作者:ハロゲン=クラークさん
佐賀弁版ゴブ洞改変。結構何を言ってるのかわからないですね~。とくに洞窟に入ったところのメッセージ後半が元の文章を忘れるレベルでわからない(笑)もちろん賢者の杖の解説も佐賀弁になってます。ご当地ゴブ洞で各地の方言を習おう!

「ツケの洞窟(1~3)」作者:世魔吉さん
ツケを回収するゴブ洞改変。ツケと言えば親父さん、ということで狂い系なノリです。ツケを倒してツケを回収するってどういうことだ(笑)眠ってるツケを倒した時のセリフに笑いました。そして戦闘でさりげなくツケを回収しようとするツケたち…油断ならねぇ!最後はバランスとってくれるのでお財布にも安心(むしろ高額報酬?)なシナリオでした。

「廃村とゴブリン(1~3)」作者:三升さん
冒険者がしゃべらないゴブリン討伐シナ。いつもの洞窟ではなく廃村なので、ゴブリンたちの居場所を突き止めるところから開始。何気に選択肢が何度か出て、何を選ぶかで少し状況が変化します。レベル調整中で4人PTだったので慎重に各個撃破。…最後に出てきた人に関係するエピソードを見逃したっぽいな。葡萄酒げっと。

「空となるか?(2~3)」作者:倉林さん
善人ルートと悪人ルートがある短編。ぼさっとプレイしたらどちらでもないモヤっとエンドになってしまったので再プレイ。うん、そういうことだったか…。正直者ばかりのドワーフPTなので、普通に善人ルートを選びました。強面のドワーフさんが小さい子供の前で精いっぱい優しい喋り方をしてるのが微笑ましい。割のいい仕事というわけではないけど、あの少女の笑顔を守れたと思うと心がほっこりしました。

2019/04/14

CW「親父と爺のランデブッブ」感想


レベル:4~6
作者 :yourmono

老人男性一人用ゴブ洞改変。
やっとお爺ちゃんがlv4になったので突入してきました。

これは親父さん好きにはぜひプレイしてもらいたい作品ですね。
最初から最後まで親父さんと一緒だよ!

しかも狂い系の親父ではなく、ツッコミ役の親父さん。
お爺ちゃんPCに振り回される親父さんを愛でるシナリオかも?

見張りゴブリンとのあれこれが楽しくて、どの選択もちゃんと本家とは変えてあるから全部見たくなったり。
それに移動するごとに親父さんの名前欄が変わるし、親父さんとの会話が意外と充実していたりとこだわりが感じられます。

ボス戦では装備が貧弱なお爺ちゃんが一回死にかけましたが、lv5の親父さんが癒身の法で助けてくれて九死に一生を得ました。
この親父…できるぞっ!

ラスト、どちらかと言うとお爺ちゃんPCの方が可哀そうな境遇なのに、親父さんが慰められてて笑う。
賢者の杖互換アイテムが手に入らなかったので、いつか豪傑お爺ちゃんが仲間になったら再プレイしたいです。

2019/04/10

CW「泥の星」感想


レベル:1~15
作者:かがちさん

邪教徒の崇拝する泥の星の調査と邪教徒討伐の依頼。
ぜったい強いと思ったのでボス戦向きのスキルをたくさん持ってるこのPTで出陣しました。

かなりヤバい相手であることが序盤から嫌と言うほど伝わってきて、いざ泥の星とご対面した時には手を引くとかいう選択肢はないのです。圧倒的存在感!

不安を煽る音楽もあって、一回目は大人しくシナリオ中で用意された手段を使ってEndingB。
2周目以降何度も何度も戦って最終的にEndingExをクリアしました。疲れた…。

でも、いつか絶対役に立つと思っていた「ド田舎の冒険者たち」で手に入れたスキル「ネコ太陽」(敵味方全体の召喚獣欄を埋め尽くす)が役に立って嬉しかったです。
すぐ消えちゃうけど素早いPCに持たせて召喚しまくって、ボスのしつこいくらい攻撃してくる召喚獣を阻止しました。

なんかヤバそうなスキルやらアイテムやらが手に入ってしまった(汗)

2019/04/06

CWまとめ感想(2019/04/06)

「地下墓地の殺人鬼(3~4)」作者:三升さん
地下墓地に逃げた殺人鬼の討伐依頼。地下墓地ということで亡者退散が大活躍な探索シナ。広さもほどよい感じだし、サクッと遊べました。聖印とかも手に入るから、多少スキルが足りない低レベルパーティでも安心。

「赤い雨の降る森(4~6)」作者:三升さん
見たこともない植物系の魔物の討伐依頼。シンプルな内容だけど、選択によって事件の背景がわかってきたりするし、冒険者の能力が試される場面もあって冒険者のお仕事してるって感じがよかったです。クリア後に敵を一匹見逃していたことに気付いて、冒険者としてまだまだだったなぁと反省しました。

「食べ物もどきの洞窟(1~3)」作者:九十九さん
食べものもどきという謎の生き物?を退治するゴブ洞改変シナ。割と無害っぽい食べものもどきたちが可愛いです。盗みKCに対応しているそうなので瑠璃色のツバメちゃんが大活躍でした。食べてあげるのがきっと彼らのためなのだ!賢者の匙とか色々げっと!

「古代の妖樹退治(3~5)」作者:三升さん
冒頭からぶっ飛んでいて笑えました。まず依頼人がティラノサウルスですからね、宿の中広いなー(棒読み)しかも人柄が良さそうだし。軽いノリで時間旅行してしまうところもすごい。親父さんの「生きとるわ!」も好き。にしても、何かに巻き込まれてタイムスリップすることは何度かあった気がするけど、それ前提の依頼というのは珍しい気がします。しかも時空転送機のデザイン(笑)過去の世界でのお仕事もサクサク終わるし、先が気になる終わり方で続きが楽しみです。過去の世界がモノクロなのも雰囲気ありました。

「決議のとき」作者:夜中さん
男性2人以上の男女混合3人以上ミニシナ。これは笑った~。大真面目な顔でくっだらない事を話し合ってるなぁと思ったら、いちおうちゃんとした理由があるという。男性陣に交じって小さい子供(キャスト画像は美少年)もいて、そのギャップに笑ってしまった。娘さんによる軽蔑しきった「最低…」も良かったです(笑)

「20m恵方巻きチャレンジ(1~4)」作者:黒豚和牛さん
20コンテンツ恵方巻チャレンジ。推奨レベルじゃ無理だった―!lv10パーティでも行動力アップしないと難しいかも。生命力の高いヒーラーさんと、何気に体力はあった薄幸少年クラウス君が健闘してました。ジャック君は瞬殺(秀麗)ゲームオーバー画面を何度も見てしまった(笑)

「マッチ売りの少女には」作者:ionさん
短編読み物。マッチ売りの少女に出会ってどうするかというお話。あんまり大金を持たせると危ないから10spでマッチを買ってあげました。その後、中を見たら連れ込めるようだったので何度もトライ。50%の確率が立ちはだかる…!よし、このままお爺ちゃんと子供PTを目指そう。

「2月24日を楽しみに」作者:ぐらすさん
ひねくれ者と仲の良い元気なPC二人用クリスマス読み物。連れ込みのクライス君とシルファで突入。この二人、どちらも辛い過去があるからこうやってほのぼの仲良くしてるのを見るだけでしみじみしてしまう。仲良くクリスマスを過ごしてね…。クライス君の「ひねくれてないもん」が可愛いかった。

「雪降る季節の碌でもない依頼」 作者:三升さん
雪の夜、お使い帰りに依頼される読み物。割とダーティな依頼だったので、最初は断って別のPTで再プレイ。悪人だからサクッと引き受けちゃうよ~。依頼人の素性も知らず引き受けるのは少し怖いけども、楽にお小遣いげっとできました。プロなら現場に痕跡なんて残さないはず!

2019/04/02

CW「ある石像鬼のやぼう」感想


更新 :2019/02/27 Ver1.00
レベル:5~7
作者 :覆面ノルドさん

前作「ある石像鬼のはなし」のノリがパワーアップした続編。
今回は雄叫びを上げながら解錠したりするそうなので、最近叫ぶ機会が多かったヴォルフガングさんのPTで一作目からやり直してきました。
何気にちょこっとシンディーリアに触れていたし、本当にこのPTを選んで正解でした。

今回はアニキ盛り盛りで、石像鬼業界…どころかリューンはもはやアニキに掌握されている!?
ベータ研究所の三人も相変わらず頭の中が石像鬼だらけで幸せそうです。斜め上の発想がたまらないですね!
三人揃っての話すところも好き(笑)

ライバルのテトラ研究所の石像鬼も登場して、ついには冒険者がツッコミ役に回るという…。
今まで研究所の3人とボケ倒していたあの冒険者が、ついに!!

競技会はなんかもう色々と弾けていて笑いっぱなしでした。
演出も熱く楽しく、冒険者たちが協力して育て上げた石像鬼が勝ち進んでいくのが爽快。驚きの展開もあったりして最後まで面白かったです。

お土産にスキルとアイテムをげっと!
このスキルができた経緯にもめっちゃ笑ったなぁ(笑)

2019/03/29

CWまとめ感想(2019/03/29)

「愛のままに」作者:むぅさん
愛に生きるを所有するPC一人用短編。探してみたら意外と愛に生きるを持っている人がいなくて、軟派な女盗賊ちゃんで突入。若干思ってたのと違ってましたが(人情系でした)、お節介な女盗賊ちゃんも可愛くて良かったです。食い逃げ犯の少年を助けるため、一緒にリューンの街でアルバイトする姿が初々しい。親父にはいつもツケツケ言われてるのに、色んな所でお手伝いとかしてたのね。おばちゃんや農家のひと、自警団の人は気さくで優しいし、見た目が女の子みたいな魔術師さんは想像の斜め上をいく個性派だし、楽しくバイトできました。少年との交流も微笑ましく、優しい気持ちになる作品でした。

「夢喰いの子守唄(5~7)」作者:割れざくろさん
眠り続ける女性を目覚めさせるため、夢喰いの悪魔を討伐する短編。雰囲気があって引き込まれました。悪魔のテリトリーが不気味な中に美しさもあり、幾重にも層になって守っている感じがこう儚いんですよね。とくに子供たち?と話していたら、倒すべき相手であることに寂しさを感じてしまって…。相手が彼女だったからなのか、この悪魔が悪魔としては異例だったのか、この一時の夢は彼らにとって幸せだっただろうかと考えてしまいました。短いながらプレイ後には余韻に浸れます。ずっと使える松明げっと。

「絵本を作ろう!」作者:満月丸さん
配役を好きに変えて自分だけの絵本を作れる短編。貼り紙を見た時はマスコット向けの可愛い感じのやつだろうなぁと思ってたんですが見事に騙されました。間違いなく作者さんはネタに全力を注いでいる!(笑)配置できるものの中で異彩を放つキーワードがチラついてる時点で噴きましたね。普通の絵本とのギャップが面白いので、最初は普通にPCを配置してからの方が楽しめるかも。そしてCWでよくネタにされてるキーワードを使う時は、思い切りよく配置した方がいいと思う。いやぁ、アニキでこんなに笑ったのは石像○以来でした。腹筋痛い…!この作者さんなら掌破ネタでも楽しかっただろうなぁ。あと、一通り遊んだらエディタでキャストデータを覗くといいと思うよ!

「些細な過ち」作者:夜中さん
これ好きです(笑)うん、誰にでも間違いはあるよね。恥ずかしがる仲間と大らかな心で受け止めるリーダーがよかった。ランダムの神様、いい仕事してます。シモンサーカス団で行ったら、ごおすととうさぷきゅがとても可愛くてにやにやしました。

「騎士と盗賊と(2~3)」作者:盾さん、原作:ぽんたぬさん
一本道短編シナ。何度も村に略奪にくる性質の悪い連中をなんとかする依頼。とても遠い場所にある村からの依頼と少しばかり謎のある始まり方でしたが、聞いてみれば納得で「色々大変だったんだねぇ」と助けてあげたくなりました。協力者となるNPCは個性的で楽しいし、サクッと倒した後に判明する盗賊の素性も面白かったです。騎士にもいろんなのがいるもんですね~。しかし、このあけっぴろげな騎士さんと苦労人な従者のコンビ、めちゃくちゃ好きだなぁ。また他のシナリオで会えたら嬉しいです。

「チキンイーター(2~3)」作者:三升さん
低レベルでも知恵を絞って楽に依頼をこなす冒険者がスマート!やっぱり避けられる戦闘は避けておかないと長生きできないものね。鶏じゃなくて高級牛とかだったら依頼人が協力してくれなかったかもしれない…。サクッと楽しめる作品でした。

「世にも奇妙な骨集め(1~3)」作者:三升さん
タイトル通りの短編探索シナ。依頼人はいったいどうしてああなってしまったのか、遺跡で何があったのか、あの手品のように華麗な退場はどうやったのか色々と気になる(笑)誰かが漁った後の遺跡を探索するのは罠の危険性が少なくて楽だけど、空っぽの宝箱を見ると切なくなりますね~。でも、そんな探索も楽しいです。愉快なNPCも魅力的でした。

「グリュワ山中の護衛(2~4)」作者:三升さん
たまたま目に留まったので再プレイ。堅実な護衛シナリオで、無口な依頼人と一緒に淡々と山を越えるのが地味ながら楽しいです。結構アイテムが手に入るし低レベルPTには嬉しい。途中、行動によってはドワーフと同行することになり、少しだけ会話が増えて助かった(笑)別のシナリオでドワーフを連れ込んだところなので、ディエゴさんも誘ってみました。このままドワーフPTでも作ろうか(感想の順番がめちゃくちゃです)

「老人の腕の洞窟(3~4)」作者:三升さん
予想はしてたけど冒頭からギョッとしますね(笑)導入はいつも通りのゴブ洞改変でやってくれるのかと思えば、やっぱりあの人はあの人だった!圧がすごいけど、冒険者だから依頼の内容はしっかり確認しないと引き受けないのです…。洞窟では亡者退散が大活躍でした。何気に報酬の種類が多いので、これは色んなPTでプレイしたいです。

「薬品代理購入の依頼(2~3)」作者:つちくれさん
タイトル通りの短編探索シナ。PCの行動によって少し探索が増えたりする。こういう小さなお仕事の時は、ついでに色々やって少しでも報酬を増やすんだろうなぁ。あと森などで薬草などがないか血眼になって探してそう(笑)冒険者の普段のお仕事という雰囲気でした。スキルげっと!

2019/03/25

CWまとめ感想(2019/03/25)


「老婦人と絵画」作者:春秋村道の駅さん
絵を描いてほしいという老婦人からの依頼を受ける冒険者一人用読み物。ばーうが絵を描く様子はさぞ可愛かろうなぁと思ってばーうで行ったら、老婦人もばーうに癒されてる感があってとても良かったです。これは子供とかマスコットが嵌りますね。冒険者として死と無縁ではいられないけど、こういう形で向き合うのは珍しいかもしれない。お話して、絵を描いて、一緒の時間を過ごして、老婦人やPCにとって特別な出会いになったと思えました。終盤、老婦人を背負って走る描写があり、小さすぎるPCだと感動のシーンでちょっと笑えることになるので注意!

「銀斧のジハード」作者:Martさん
ドワーフPTを作りたくて久しぶりに再プレイ。傷ついたドワーフからの依頼で領主と戦うことになる中編探索シナ。丁寧なつくり、引き込まれる物語、NPCの魅力でグイグイ引き込まれます。少し手助けしただけだったのが、状況を知って放っておけないと立ち上がる冒険者たちがカッコいい。探索や情報収集で事件の全貌が見えてくるのもいいよね。怖いイメージの強い異端審問官のおじさんが粋な人なのもよかった。ドワーフのオロフさんをお迎えしました!

「親父のクイズゲーム」作者:さくらもちさん
6人専用クイズシナリオ。普通に親父とクイズで暇つぶしするのかなぁと思ってたら導入から面白かったです。依頼人?が途中から空気だったけど満足したんだろうか?参謀のジャック君がドヤ顔で敗れるところとか、退場時に答えを教えてってくれるところは笑わせてもらいました。お嬢に「仇を取ってやる」宣言してもらえてよかったね!。あと、フリー枠にヒーラーさんを選んだら精霊術師に対応してて驚きました。得意分野になりそうなクーポンを持ってなかったらどうなってたのか、別のPTでも確認せねば!

「もりのなか。リターン(1~3)」作者:yourmonoさん
もりのなか。のリメイクというか続編というか。そこまで繋がりはないのでこれ単体でも遊べるけど、どうせなら前作をプレイしてた方がオチで笑えると思う。あの依頼の真相はそういうことか(笑)NPCが良くしゃべるシナリオで置いてきぼり感はあったもののクスクス笑えました。依頼人がアンデッドだし!森の探索もシンプルながらちゃんとしていて良かったです。赤ワインがもらえるみたいだけど見逃したなぁ。

「ヴィレッジ・ウォー(1~3)」作者:ひが玉さん
更新されてたので再プレイ。前回ルールが理解できずボロボロになりながらなんとか勝ったんですが、今回は丁寧な解説もあって立派に冒険者らしく振舞えました。やったね!折りを見て倉庫のアイテムをガンガン持ち出せばよかったのか~。こんなにアイテムをため込んでるなんて、案外この村裕福かも?おかげで村長さんも大工や猟師もバッチリ守れました。翻訳アイテムと攻撃スキルげっと!

「封印されし禁術」作者:雪名さん
老人からお小遣いをもらう超短編シナ。これが噂の旧エンジンでできたという金策ですか(笑)古いバージョンのCWは使ったことがないから、まるで実際に操作してるかのような演出にちょっとテンション上がりました。名前の付け方がリアル!!ちょうど老人PCが必要なシナリオがあって困ってたので子供PCで突入して連れ込んじゃいました。おじいちゃんお小遣いちょうだぁ~い!!

「同じ墓で眠ろう」作者:ゆずきちさん
仲の良い6人PT用コミカルな読み物シナ。いやぁ笑った笑った。勘違いがどんどんエスカレートしていく展開が見事でした。次から次へと勘違いのネタが投入されて、盛り上がったり驚いたり寂しくなったりと様々な表情を見せる仲間たちが可愛い。瀕死になってる片思い参謀が見られて私的に大満足です(笑)あと、潜入組にシルファとクライスの子供二人を選んだらめちゃくちゃ可愛かった!店員さんも癒されたに違いない…。ベタだからこそ安心して笑えるし、依頼人がどうしてこんな依頼を出したのかの理由は一捻りあって、さらにハッピーな気分でプレイし終えました。

「記憶の映画館」作者:redさん
見知らぬ場所から脱出しようとする短編。不思議な雰囲気が良かったです。連れ込んだばかりの低レベルPCをスキルも持たせず突入したら普通に負けました(汗)そして人外にされたっぽいんだけどクーポン配布はなかったから夢と言うことにしておこう…。どのルートでも経験点が平等に入るところがいいね。記念品に鍵とナイフげっと。

「芸術家の苦悩と親父」作者:杉本清次/山科(日向丘)さん
絵心のあるPC一人用読み物。親父さんを描くことになっていつも通りにできない芸術家肌のPCがもやもやするお話。連れ込んだばかりの老人PCで入ったら妙にしっくり。そりゃあ危険な冒険より、貴族相手に肖像画を描いて稼ぐ方がいいよね(笑)どちらでもやっていけるとなったら選ぶ決め手は何になるだろうか?BGMはなく効果音のみでの演出が私好みでした。

「禍の檻(8-10)」作者:無名しさん
聖女の護衛から魔物の軍勢と戦うことになる戦闘シナ。その数は1000と半端ないので、全体攻撃ぶっ放すのがお好きな人向けだとりどみにもしっかり書いてありました(笑)私もやってみたけど途中でやや飽きてきたからね、根っからの戦闘狂向けだと思います。でも倒した分だけ数字が増えていくのは気分いいし、音楽もノリノリで好きな人はめちゃくちゃ楽しめるでしょう。私はまず全体攻撃スキルをたくさん揃えないとなぁ…。

2019/03/22

CW「砂を駆る風となれ」感想


推奨レベル:5~7
作者:柚子さん

4人以上PT用長編シナ。
迫害を逃れた移民の足跡調査をする冒険者たちの視点と、ある目的のために永い時を過ごしてきたNPCの視点で物語が展開していきます。
NPC視点の物語がかなり重かった印象があったんですが、再プレイしたらそれよりも砂漠のロマンと冒険者たちの活躍、そしてNPCのタリアさんとの交流に心奪われました。

このタリアさんが神秘的でお美しくてね~。砂漠で遭難したところを助けてもらった時点で「天使!?」って感じだし、可愛いモフモフなヤタを連れてる姿も眼福。
集落の人々の描写はリューンとの違いが伝わってきて、異文化交流を描いた作品が大好物な私に刺さりまくりでした。

あと、宴の時にシンディーリアのクロスオーバーがあって嬉しかったです。sitisと名もなき妖精が即興演技を披露。…なぜか今回はsitisがチャラいなぁ(笑)
他にも、_醜悪持ちのサルバトーレが同情される横で_秀麗のルティスさんが崇めたてられてて可哀そうが三割増しになってたり。強く生きろ、サルバトーレ!

しかし、二度目だというのにアイテムを取り損ねてやり直すというね…。後でスキルと召喚獣を忘れたことも発覚して3回やり直しました。記憶力悪すぎぃ!

2019/03/18

CW「滅びの呼び声」感想


推奨レベル:4~6
作者   :柚子さん

ひょんなことからとんでもないものを押し付けられてしまう短編シティアドベンチャー。

城塞都市ツェナイグの貧困層の描写から入るシリアスな作品ですが、冒険者たちの会話の調子はいつも通りで、こういう世界を見慣れてるんだなぁとしみじみ。
ルティスさんがとても魔術師らしい役柄でサマになってました。
魔術に疎い主人公にはsitisを。こっちもイメージ通りでかっこいい!

タイトルからおぞましい陰謀に巻き込まれたりしたんだろうかと思ったら、悪いのは呪いの大元であって、他の人達は優しい人や必死に生きている人たちばかりで嫌な気分になりませんでした。
街での手がかり探しもサクサク進んで軽快。必要なものはシナリオ内で手に入るので、アイテムや技能がまだ充実していないPTでもなんとかなります。

解決方法はいくつかあって、今回はヨハンや神父様の力を借りつつ自分たちで何とかすることに。
そこまで戦闘が得意なPTではなかったけど、ぎりぎりの勝利!
宿のおばちゃんに見送られて清々しい気分でリューンへ帰れました。

2019/03/14

CW「夢を見る塔」感想


推奨レベル:6~7
作者   :ふゆこさん

魔術師と仲の良いPC二人用中編シナ。
お嬢とジャック君で関係性は”親友”を選んで突入しました。なんてことない依頼を受けて手紙を届けに行ったら、例のごとくとんでもない事件に巻き込まれてしまうお話。

街に着くまでの暇つぶしミニゲームが凝ってますね。最初に出した情報に対し「はい」か「いいえ」で答えられる質問をしていき、真相を突き止める推理ゲーム。解くのにかなり時間がかかってしまって、これだけでもシナリオが成立するかも。

街に着いてからは、小さな違和感がだんだん大きくなって…という展開に。
この間二人で受けた「ガラス瓶の向こう」を思い出していたらクロスオーバーしてて思わずニヤリ。事前にちゃんと調べてプレイしておくのもいいですが、偶然同じPCで来てクロスオーバーを見つけると運命的なものを感じますね。

二人の絆が試される展開も良かったです。まさか相棒を”使って”戦うことになるとは(笑)
お嬢は踊り子でレイピア使いなので、一番近いものを選んだら適正もぴったりでした。
ラストはやるせないものの、救済ルートもあるから後味よく終えたいならネタバレテキストを確認すべし!

魔法スキルやお酒などのアイテムも買えるし、クリア後には後日談と自動診断&クーポン配布なんかもあり、ボリューム満点のシナリオでした。

2019/03/10

CWまとめ感想(2019/03/10)

「聖北屋敷(仮)」作者:春秋村道の駅さん
吸血鬼PCが知らない場所に閉じ込められて、踏んだり蹴ったりな脱出ギャグシナ。クールな連れ込みPCさんがアワアワしてるのが可愛かったです。吸血鬼の弱点って意外と子供でも用意できるものが多いから、こんな嫌がらせみたいな罠でも結構効きますね。様々な趣向で楽しませてくれました(笑)二番目の部屋の鍵探しが手ごわかったですが、何だかんだで聖水かぶっても大丈夫だったので安心して色々できます。過激派なNPC二人もよかったし、助けるために東奔西走していた仲間パートにもほっこりしました。

「ダーフィットの日記」作者:春秋村道の駅さん
短編ミステリーシナリオ。同情できなくもない犯人の境遇と、冒険者たちによる連続殺人事件の捜査が同時進行していきます。なんというかね…昨今では献血シナリオとかあるので犯人の転落っぷりになんと言ったらいいのか…。まあ、苦労するのが普通なんだよね、リューン付近がおかしいだけで。最後の選択は悩んだ末、ネタバレメモを読んで二人共連れ込みました。私的には、彼は裁かれて彼が守りたかったものは保護したかったんですが、それができないとなると…。割とダーティな仕事も引き受けるPTだったので馴染めるでしょう。

「拝啓 暗い部屋、より」作者:ふゆこさん
魔術師PC一人用ホラーシナリオ。痛覚のないゾンビPCに俳優クーポンをつけて突入しました。これは映画撮影…痛がってるのは演技…。時間制限がある中、不気味な拷問部屋などをうろついて解毒剤と脱出経路を探すのは緊張感あります。時間消費して調べたのに何にもなかった時の焦燥感がいい!そして、見張りに見つからないように通路を移動するゲームでは、システムが全く理解できなくて一回目のプレイではロードしまくりでした。二回目にハードモードに挑戦してやっと理解できたという…。カナリアちゃんの方が私より優秀です(汗)マップはそこまで複雑じゃないのに、方向音痴の私には繋がりがいまいち理解できなかったのも痛い。結局、早々にネタバレ記事を読んでしまいました。念願のわんこ召喚獣げっと!

「悪魔と数多の英雄達(1~15)」作者:無名しさん
20000HPの敵と戦う戦闘シナ。一回のバトルでは勝てるはずもない敵に、何PTもぶつけて少しずつ削っていくというのが熱い!でも、そこまで高威力なスキルを持ってないのでHPを削りきるのに滅茶苦茶時間がかかりました…。一気にやるもんではないのかもしれないけど、私的には半分くらいでも良かったかな(汗)参加するだけで経験点が入るのが嬉しいし、発想やそれを形にする情熱、技術が素晴らしいと思います。

「暗い森を行く(5~7)」作者:黒豚和牛さん
死霊術師にさらわれた女の子を助けに行くお話。敵はアンデッドばかりで、一番レベルの低いフィアナちゃんが亡者退散を引きまくってくれたので助かりました。こんなに出て欲しい時に亡者退散を引いてくれる子は初めてだ!(感動)ただ、レベル差の大きいPTだったので、さすがに死霊術師戦は苦戦。一回やり直してなんとか勝利しました。帰り道での女の子との短い交流は、PCが喋らないのに心にしみます。夜明けの空を見上げる少女のこの先に幸あれ!また、再度張り紙を選ぶとわかる彼の背景はやるせないですね…。先生はいい人だったのに、伝わって欲しいところは伝わらなかったという…。哀しい物語でした。

「攫われた子供(1~5)」作者:黒豚和牛さん
ゴブ洞改変探偵バリアントシナ。探偵バリアントは初プレイかな?現代に異能とか閉鎖地区などのファンタジーが混ざったような世界観。綿密な調査をして回避できる荒事は回避してもいいし、片っ端から暴力で解決しても良い。何気に親子間のすれ違いなど考えさせられるところもありつつ、新鮮な気持ちでプレイできました。探偵さんみたいになる!という子供が可愛い。

「森よ白く染まれ(1~3)」作者:黒豚和牛さん
森で大量発生した亡霊退治と原因調査をするお話。森の構造はシンプルだし短いお話なんですが、とても雰囲気があって、思わず亡霊が発生するに至った過程に思いを馳せてしまいました。最後に花や指輪をお墓に供えられるところもよかったです。それで何かが変わるわけではなく「このPCたちならこうするだろうな」を実現できる配慮が嬉しい。

「Mimic(4~5)」作者:柚子さん
雪深い街で起こった猟奇殺人事件の捜査を行うシティアドベンチャー。街で手がかりを探しながら、参謀を中心に推理を展開していく様が探偵ものっぽくて良かったです。情報確認画面もセルを駆使して丁寧に作ってあったし。参謀役のルティスさんもカッコよくて、冒険者始めてからどれだけ現代の知識を蓄えたんだろうなぁと惚れ惚れ。タイトルの真の意味がわかる終盤の名推理はテンション上がりました。いわくありな魔剣げっと!

「子供狩り(4~6)」作者:柚子さん
雨宿りをしていたら村を助けてくれという男がやってきて…な短編シナ。冒頭の老婆の不気味な歌と、貧しい辺境の村の閉鎖的な雰囲気からして悪い予感がする作品でした。タイトルがタイトルだし…。次第に明かされていく真実には反吐が出ますね。たまたま巻き込まれたことだけど、絶対に許さないと城の奥へガンガン進んでしまいました。そのせいで色々取り逃がした…(汗)あの男は最初から狂っていたのか、この城に篭っているうちにおかしくなったのか。昔の領主の話も聞くと、この土地に何か悪いものが渦巻いているのでは…とも思えました。城なんか与えるより、激戦区へ送ってあげた方が彼も喜んだかも。後味は悪かったものの、言葉少なく去っていく冒険者たちの姿に痺れました。これもまた忘れられない出来事になるだろうなぁ…。

「冒険者の宿殺人事件」作者:柚子さん
探偵気取りで殺人事件を解決しようとするギャグ読み物。ランダムで役割決定したら、心優しい天然な吟遊詩人エルフが探偵役に。女の子PTでやったので親父さん以外女だけ。女の友情にヒビが入ると一気に殺伐とした雰囲気になりますね(笑)まあ一番怖いのは切れた娘さんだけども。エルフさんの悪ノリと、親父さんの健気なヘアケアのせいで酷い目に遭った冒険者たちでした。

2019/03/06

CW「劇団カンタペルメ」感想


推奨レベル:1~3
作者  :柚子さん

久々にやったら、やっぱり楽しかったです。
いきなり役者として舞台に立つことになった冒険者たちが、段々と劇の成功のために真面目に演技について考えるようになるのがいいですよね。

今回は連れ込みだけのPTだったので、どのPCにどの役をやらせるのかかなり悩みました。
たまたま他のシナリオで秀麗&高貴の出だと発覚したsitisは弟王子にすぐ決まったんですが、他のPCはなんとなくのイメージで決定。名もなき妖精がシンディーリア、ルティスが兄王子、ヴォルフガングがお姉さんで、サルバトーレは村娘です。
結果的になかなか良いキャスティングだったらしく、初めて「素晴らしかった」と言ってもらえた!やったー!

本番での劇も楽しいし、機転を利かせて舞台の上で戦うところもサイコーでした。
さらに、クリア後に入ると別のお芝居も演じられるようになっててビックリ。街に着いて早々、sitisがファンに追いかけられてるし(笑)
秀麗だけど骸骨ですよ?

新しいPTを作るたびに行きたいシナリオです。

2019/03/01

カードワースシナリオ「宝石は記憶を刻む」公開しました


対象レベル:7以上
形式   :マルチエンドのギミックダンジョン
人数   :5人以上(リバース多用してます)
プレイ時間:1時間~2時間
エンジン :Ver1.50以上


------------------------------------------------

最終更新 2019.05.17 宝石は記憶を刻む Ver 1.08 DL

(2019.05.17の更新内容)
▼仲間を発見していないのに解除薬発見時に結晶化のことを知っているのを修正。
▼結晶化した仲間を二度クリックした時に選択肢が出ないのを修正。
▼機甲兵戦で鑑定した時にジュジュが装備を交換するよう変更。


猫人姉弟ジュジュとロロに誘われて、空飛ぶ島に宝探しに行くお話です。
必須クーポン、ゴシップなどはありませんが、猫人姉弟と知り合いという前提で話が進んでいきます。もし気になる方は、先に店シナ「猫と魔法の飴玉店」やミニゲームシナ「空中遊漁と猫たちの宴」などをプレイして下さい。

2年半くらい前に某アニメを見て「CWのあの種族ってこういう感じなのか!冒険シナリオでクーポンつけたい!」と思ったのと、罠だらけのQubesダンジョン作りたいという気持ちから出来上がったシナリオです。仲間の一人が人外になったり対象消去される可能性があるので、絶対回避したいor狙ったPCを人外化したいという方はネタバレ.txtをご覧ください。

バグ報告などありましたらコメントかメールフォームからお願いします。

***************************

また自分で描いた素材も公開してます。
今回は少し数が多いのと、若干ネタバレを含むので、別の記事にまとめて公開しました。

Qubesオブジェクト素材はbmpの方がいいかと思ったので、記事にはサンプルしか載せておりません。
お手数おかけしますが、これまでの素材一括DLからお願いします。

2019/02/28

カードワース素材(Qubesオブジェクト、その他)

主に「宝石は記憶を刻む」で使った素材です。
よかったらお使いください。

これまでの素材一括DL

【素材の内容】
アイテム系 :竹水筒3つ、兵糧丸2つ、昆虫の翅、知恵の輪2つ
スキル系  :エント(トレント)の手、和風?フレーム、杖殴り
キャスト系 :お掃除ロボ(オレンジ)、おばけ2つ
シルエット?:小瓶、松明、巻物を広げる像9つ
Qubesオブジェクト素材:格子状の蓋3つセット、台座4つ、宝箱3種2枚ずつ



↓こちらはサンプルです。一番下の列の格子状の蓋は、首藤さんの迷宮素材の床の穴のサイズに合わせてあります。


【画像素材の利用規約】
CardWirthでの利用に限り、ご自由にお使い頂けます。
加工・合成、リプレイ、インポート、クロスオーバー、スクリーンショット、二次創作、ウェブ上以外での個人利用など、ご自由にどうぞ。
報告の必要はありません。

素材を使用した際には、シナリオのreadme.txtなどにyoinoの名前を表記して下さい。

ブログ名 指をり数へて
URL   https://nyaosuke.blogspot.jp/
管理人名 yoino

素材のみの二次配布は禁止します。
ただし、ブログ閉鎖・消失などで素材のダウンロードができなくなり、私と連絡がつかなかった場合に限り、代理配布を許可します。

仮面の鑑定「枠の中」作者予想メモ

そろそろ投票締め切りみたいなので、予想したのをメモメモ…。
いちおう潜伏者様の未プレイ作品はほぼすべてプレイしてから鑑定に臨みましたが、これが本当に難しい!
これはあの作者さんだ!と思っていても、別の作品をやってみたら同じ作者さんの特徴が出ていたり、ビルダーで中を見てみたら新たに特徴に気付いたりと大混乱。
シナ作を中断してるのを忘れて夢中になって鑑定してました。あんまり自信ないけど…(汗)
いい刺激を受けたおかげでシナ作意欲が復活したし、参加できて良かったです!

【以下、番号と作品の概要、予想と理由のメモです。】

01:RPGシナ(羽宵さん)
xeditorを使用してるっぽい(メッセージに規格外サイズpng)のと、天の声などの演出が女性的だと思ったので。白澤のくさんと迷いました。

04:悪夢を繰り返す読み物(ふゆこさん)
ぜんぜんわからなくて消去法でした…。いちおうホラーっぽいし。

05:病弱な依頼人に代わって素材を集める短編(白澤のくさん)
これもxeditorを使用してるっぽい(エリアイベントが到着)ので、使用してそうな作者さんから。

07:リーダーと参謀だけでゴブ洞攻略に行く6人用短編(塩砂糖さん)
なんとなく決めてしまいました。今になって違うような気が…。

08:英雄と新人で薬師の護衛をする長編(柳の灯さん)
next使いの作者さんから消去法で。最初の印象はシレイユさんでした。

09:冒険者にとって宿とは…な短編読み物(オサールさん)
文章の感じや渋いテーマから。

10:秀麗PC一人用短編(水色猫さん)
nextだということと、好きそうな題材だったので。

11:未完の(最新版で完成)6人用戦闘あり読み物(シレイユさん)
ぜんぜんわからなくて消去法で。8がnextだと気付いてシレイユさんがこちらに。

12:遺影に向かって語りかける短編(苗さん)
全体の雰囲気と、好きそうな題材だったので。

13:竜の里で探索する短編(ノソラさん)
子供らしいやわらかい口調が得意な方だし、いつも画像参照をほぼ使ってないので。最初の印象は春秋村道の駅さんでした。

14:バケモノ屋敷に少女救出に行く中編探索(黒豚和牛さん)
題材的にまつさんと迷ったんですが、中を見たら女の子をコイツと呼んでいたので、まつさんは言わなそうだなぁと消去法で。

15:レジンの魔法アイテム店シナ(春秋村道の駅さん)
本当にまったくわからなくて消去法でした。しいてあげるなら性能がやや強めだったので。

16:婚約者に贈る宝石を採掘してくる短編シナ(ほしみ(食物繊維)さん)
最初は作風から罪深い赤薔薇の花子さんとかの人だと確信してたんですが、死霊術師のシナリオでわからなくなって消去法(何度目だ)。あと、中を見たらとても簡潔で整然としてたので。

17:親父のアトラクションを攻略する理不尽探索シナ(生野菜サラダさん)
ほしみさんと悩んだんですが、他に生野菜サラダさんらしい作品が見つからなかったので。

18:エルフがいる森での巡回をする戦闘あり読み物シナ(むるえださん)
作風や文章の感じ、題材から。

19:絵を描き続ける死霊術師を討伐する読み物戦闘シナ(罪深い赤薔薇の花子さんとかの人さん)
ばーう対応や名前の前に付く文字などあからさますぎて逆に怪しい気がしたんですが、テーブル素材はあまり使わない感じだったので攪乱しにきたのかなと。あとnextだったので。

20:思春期PCが主役のコミカルな探索シナ(名無しさん)
プレイして真っ先に「茶褐色の戦乱」が思い浮かんだので。

21:狂った戦士に引導を渡す戦闘シナ(かがちさん)
文章と絵、作風がかがちさんワールドだったので。

22:闘技大会に出場するPC一人用戦闘シナ(にべおさん)
最初はにべおさんに擬態した誰かかなと思ったんですが、後半の熱い展開にやっぱりにべおさんかなと。

24:英雄PC一人用長編読み物(まつさん)
これも全然わからなくて、普段と全く違うジャンルに挑戦した誰かだろうと思いました。そして最後は消去法。

25:親密な二人が逃走する短編読み物(兎歌マリ)
文章の感じと題材から。

26:遺品探しで屋敷を探索する短編探索シナ(はぎのりとさん)
文章と全体のやさしい雰囲気、そして連れ込みの種族が決め手。

27:人を狂わす絵の対処にあたる長編読み物(月森さん)
nextだということと文章の感じ、題材(魔女や宗教)が好きそうだったので。

28:参謀一人用探偵風長編(禄山さん)
全体の雰囲気やオシャレなところ。あと一つの物事を別の視点で描くのが好きそうなので。

29:仲間の一人が飛ばされる戦闘ありの中編探索(柚子さん)
ふゆこさんとかなり悩みました。街で手に入るアイテムのチョイスが柚子さんっぽかったので。

2019/02/24

CW「妖精窟の騒乱」感想


更新:2018/12/09 ver.1.07
推奨レベル:4~6
作者:むるえださん

ドワーフたちと街との仲を取り持つ中編シナ。
30分程度と書いてあったけど、ウロウロしすぎたのか2時間近くかかりました。ミニイベントがちょくちょく入るので結構ボリュームはあると思います。

依頼人やドワーフたちの「がはは!」と豪快な感じがいいですね。飲んで食って勝負して、その場にいる全員を巻き込んで宴会を始めてしまいそうな雰囲気。私の持っていたドワーフのイメージ通りでした(依頼人が普通の人間だと忘れそうになる。笑)
街での飲み比べや知恵の輪勝負、山での猪狩りなど、個性豊かなドワーフたちと交流できます。
人間のNPCもそれに負けじと個性的で、ガラの悪そうな執事や通り魔とかしてそうな顔の使用人?、ふとっちょな聖職者なんかも印象的。

また、終盤のドワーフたちとのトロッコ大勝負はギミックが凝っていてすごかったです。私にはちょっと難しくて、片っ端からレールを破壊して敵をぶちのめしていくバーサーカーみたいになってましたが(汗)
調査してる最中にエンカウントしそうになったら、能力判定を挟んでワンチャンあったら嬉しかったかも。
あと、お祭り騒ぎの前に黒幕は殴りたかった(笑)

とはいえ、ビョルンの宿来訪エピソードが楽しくて後味は良かったです。
…さて新入り君、とりあえずドアの修理代を稼ごうか?

2019/02/20

CW「碧落飛翔」感想


対象レベル:5~6
作者   :春秋村道の駅さん

仲間の一人がエモーションドラゴンと心を通わせたことから、とある村の代表として空中レースに参加するお話。
これは熱いですね!
アミスタとの運命的な出会いからして、これから何かすごいことが起きそうな予感でいっぱいでした。
しかもドラゴンに乗って空を飛ぶとかネバエンのファルコンが大好きな私にとってはもう…!
こういう異種族間の絆、大好物です。

さらにレースに向けて仲間が一丸となって協力し、支え合う様子が丁寧に描写されていくのもたまんないですね。
役割分担が全員適任でイメージぴったりだったので、かつてないほどにスクショ撮りまくってしまいました。監督役のジャック君がお嬢に”扱き使う”宣言したところとか(笑)
二人でレースの裏で這いずる蛇を監視して、冒険者舐めんなよとお灸を据える姿もかっこいい。
観測役のクライス君と給仕役のシルファも、ここぞというところで二人仲良く駆けつけてバトルに参加。みんなに見せ場があるのが嬉しいです。

そしてそして!やはり燃えるのがレース描写!
ドラゴンの背に乗り大空を翔けると聞くだけで燃えるシチュエーションなのに、さらにこのエモーショナルドラゴンは乗り手と心を通わせることで、同じ空を”視る”ことができるんですよ。
レースはド素人な冒険者が妨害工作にも負けず、ただ相棒の空を自由に飛びたいという想いに同調して勝ちに行く展開は手に汗握るものでした。アミスタと冒険者の真っ直ぐな気持ちに感化され、本気になっていくライバルたちの描写も熱い!
ラストの空の美しさが印象的でした。

クリア後に盗むKCに対応していたことに気付いたけど、興奮冷めやらぬ感じでやり直すのは野暮だなぁと感じるほど。
いつかまた飛びたいと思えるPCが現れたら再プレイしたいです。

2019/02/16

CWまとめ感想(2019/02/16)

「未亡人と首飾り」作者:罪深い赤薔薇の花子さんとかの人さん
おっとりした未亡人を護衛して山道を行く短編シナ。この作者さんのシナリオは、冒険者の注意深さで物語の背景がわかったり別のルートが見つかるのが好きですね。あと、ばーう対応。とくにこの作品はばーうによる魅了と、あとランダムイベントだったかな?もありました。ばーうを連れている方はぜひ!道中はいくつかのイベントがランダム発生するんですが、永続召喚獣をげっとできるイベントが出るまで何度も何度も頑張りました。餌付けは基本ですね。ラストの未亡人には危うさを感じました。

「山奥温泉村殺人事件」作者:罪深い赤薔薇の花子さんとかの人さん
温泉で殺人事件に遭遇したPCたちが、容疑者の話を聞いて犯人を当てるミニゲーム。シンプルながら個性的な容疑者たちの話から推測するのは結構難しい。おかしや煙草なんかをあげると新たな証言が出たりするみたいでしたが、スキル補充したばかりの金欠PTで無理でした…。やはり最後に頼れるのはヤマ勘ですね!わんこが可愛かったです。

「よくあるおしごと(1~3)」作者:罪深い赤薔薇の花子さんとかの人さん
一回普通に依頼を受けてばーう対応をチェックしてから、やりなおしてボコルートへ。なんか一回目は汚名がついちゃったんですよね。証拠品として提出するかどうか選べないのかぁ。チンピラ(アイテム)げっと!(笑)

「収穫祭のちょっとした謎かけ」作者:罪深い赤薔薇の花子さんとかの人さん
難易度高すぎィ!いくら考えてもわからないので片っ端から順番に答えてクリアしました。あと、KC対応でsitisと同じ顔の永続召喚獣げっと!ルティスさんが変な魔物に懐かれてしまった(笑)

「クリスマッスル」作者:罪深い赤薔薇の花子さんとかの人さん
アニキに勝ってクリスマスプレゼントをげっとしよう!まだスキルをろくに揃えていなかったアニキのために、全5種類を揃えようと何度も何度もアニキと戦いました。辛い戦いだった…(遠い目)確率が低いスキルがあったのかな?まあ使い勝手は良さそうだし(リューン互換スキル)、ダブったのを売ったらなかなかの収入になりました。

「精霊宮のことりちゃん」作者:春秋村道の駅さん
ピザ屋のバイトの経験クーポンがもらえるのって、このシナリオかぁ!よりによって真面目なヒーラーさんについてしまいました(笑)全体的にギャグテイストで面白かったです。ダンジョンは手ごわくてネタバレテキスト見ないと無理でしたが。まさかノームが効くとは…。完全攻略したいなら、各階でマジェリさんに「お宝って~」と聞いてみた方がいいみたい。最初の階で何度聞いても同じだから、その後ずっと聞かなかったんですよね…。ちゃんと聞いていればランダムエンカウントなしで行けたのに!(涙)ぴゆぴゆ言ってるフォウ様も可愛かったし、キウイ教との顛末も面白かったです。取り損ねたものがあるので別のPTのレベルが上がったら再挑戦したいです!

「キミと英雄」作者:春秋村道の駅さん
英雄の生まれ変わりという少年を巡る陰謀に巻き込まれるお話。人間不信気味なPCでやったので、英雄と呼ばれることに辟易してる感じがしっくり。そしてなぜか子供に縁があるので、この”セブリアン”君との交流も”らしい”なぁと思えました。しかしこの少年、親しい人たちをいっぺんに亡くして辛いよね…。何度も怖い目に遭ってるし。絶対助けたいと思って頑張ったけども、その事実は消えない…。彼女が時々会いに来てくれるかな?彼女の正体については、純ファンタジーという感じで良かったです。こんな風に約束を信じて待っている人がCWの世界にはたくさんいるのかもしれない…。あと、馬で逃げるギミック戦闘も面白かった。浄炎合掌破げっと!

「ガラス瓶の向こう(6~7)」作者:春秋村道の駅さん
親密な二人ということでお嬢とジャック君で突入。序盤の違和感と不安を煽る描写がいいですね。記憶の欠落、いつもとは違う相棒の様子…。てっきり別物なのかと思いきや、もっと複雑な状況だったことが聞き込みと回想でわかっていきます。だんだんと記憶を取り戻していく感じがそれっぽくて良かったです。あと片言な墓守の獣人さんが好きだなぁ。りどみにもあるけど、最後の方でアイテムを取り逃さないように注意。うっかり忘れるところでした。戦闘は邪魔なのから倒そうとしたら、あっさりと…。もっと隠さないと危ないよ!

「オヤジの宝の地図(1~2)」作者:春秋村道の駅さん
冒険者になったばかりのPTにピッタリの短編でした。親父さんの温かい気持ちが嬉しいなぁ。こうやって一歩ずつ冒険者たちは成長していくんですね。この宿の伝統みたいな感じが良かったです。

「真夜中のランプさん」作者:春秋村道の駅さん
全レベル対応の6人専用ギミック戦闘がある短編。サクッと終わる可愛いシナリオ。アンデッドのくせにあれと目が合って怖がるsitisが面白かったです。屋敷で手に入ったものを使って、あれを捕まえるギミック戦闘もいいですね。倒せと言われたらどうしようかと…。可愛い永続召喚獣げっと!

2019/02/12

CW「肉屋敷の変」感想


推奨レベル:2~4
更新:2017/06/08
作者:黒豚和牛さん

めっちゃ笑いました。この依頼人好きだわぁ。
食べることが大好きで、登場時から幸せそうにハムサンドをむさぼってるところからもう好感度MAXでした。ハムサンドを作ってる親父さんもゴキゲンになるレベル!
珍妙な事件なんですが、この依頼人なら仕方ないなと思える面白い人でした。

探索の方も凝っていて、見るも無残に汚された屋敷内をウロウロしながら対抗するための情報や材料を探していきます。
その間もベイダール君と楽しくおしゃべりできるので、行ったり来たりするのも苦になりませんでした。ランダムエンカウントがないのも嬉しい!

あと、PCもみんな生き生きしてるんですよね。薬瓶をひとつも割らずに勝利してドヤったり、扱いが悪くてキレたり。
男性口調がしっくりくるルティスさんを知識人に設定したら、ツッコミ役を頑張ってて可愛かったです。何かうちのルティスさん、やたらと肉への食いつきがいい気がする。最高級肉についてベイダール君と共に熱く語ってたし(笑)
実際にあのお肉を最初に食べる役は、見るからに肉食系なヴォルフガングにしてみました。喜びの表現がミュージカルか!

しかし、冒険者でもあんなことになってるのに、ベイダール君はまるで平気なのが謎ですね。変なもの食べ過ぎて、人間には過ぎた耐性を獲得してない?(笑)
あと、駆けこんできたタイミング的に片付けしないで実験したよね?おじいさんが泣くよ?

とにかく最初から最後まで楽しかったので、ベイダール君のシリーズとかあったら絶対やりたいです。
一緒に食べ物がおいしい街とか行きたい!!!変な事件に巻き込まれたい!!!

2019/02/08

CWまとめ感想(2019/02/08)

「緑の皮膚の妖魔(4~6)」作者:オサールでござ~るさん
緑の肌の妖魔退治の依頼。コンパクトなマップでサクサク遊べるコミカルな探索シナでした。妖魔に詳しくない人の依頼なら、確かにこういうミスはあるかも。顔を目撃していたのならともかく肌だけならね~。こういう経験を経て、すべての可能性を考える慎重な冒険者になっていくのでしょう。

「光の花(2~4)」作者:ionさん
最愛の人を亡くした学者を護衛して、おとぎ話に出てくる彼女と同じ名前の花を探す短編。依頼人の精神が不安定で見ててハラハラしてしまいました。探索自体はオマケみたいなもので、依頼人との交流で見えてくる彼らの背景がメインという感じ。闇の中で光る花が印象的でした。

「年末の滑り込み依頼」作者:白澤のくさん
除夜の鐘をつく短編。こんなにジョアジョア聞けるシナリオは他にないかも。sitisだけどうしてこんなことに(笑)驚いたのは最初だけで、あとは普通にみんなと鐘をついてるのがじわじわ笑えました。きっかり108回ついて帰還!

「悪徳なる巨人(4~8)」作者:にべおさん
悪徳貴族を暗殺する依頼。せっかく悪役PTで挑んだのに普通に真正面から戦ってきました。カッコよかったです!他の冒険者たちが冷たい態度を取ってたのが、ターゲットを倒したことで英雄扱いされるのが気持ちいいいですね。それもこれも相手が規格外の強さだったからこそ。あんな人間いるのかよ!?という冒険者たちの驚愕の表情が目に浮かぶようでした。このPTにとっても手ごわい相手で、今回もギリギリの勝利。たくさんの報酬とお土産をもらえて大満足です。

「悼む記(10~)」作者:かがちさん
高レベル向け戦闘シナ。戦闘中のメッセージなどから浮かび上がってくる背景がやるせなくて、何とか終わらせてやりたいという気持ちになりました。割とガッツリ装備して来たのに、あとちょっとというところで効果をあまり把握してないスキルを使い、反撃で全体麻痺されてやり直し…。自分を知ることって大事だなぁ(汗)しかし、報酬にお守りをくれる時の依頼主の言葉がグサリと来ますね。風化は止められない…。

「精神魚(4~10)」作者:かがちさん
魔術師殺しの犯人の討伐依頼。めちゃくちゃヤバそうな匂いがぷんぷんしてくる依頼でした。賢者の塔が持ってくる依頼にはろくなのがない。最初は悪役PTで行って、奥の変な鳥にギリッギリ勝利。その後、別のENDがあるみたいなので、お嬢のいるメインPTで突入。うわぁ、さっき苦戦したのが嘘のよう。やはり装備でぜんぜん変わります。ヤバそうな召喚獣をげっと!…狡猾な脳筋PTなら使いこなせるかな?

「迷い花(1~)」作者:かがちさん
森の植物を駆除する依頼。まだPTを組んでないエリカがお使い気分で行ってきました。ヤバそうなものは触らず、葡萄酒をバシャバシャかけつつ森を探索。なんか服とかアクセサリーとか蛹とか色々拾ったよ。やったね!件の植物を発見したので、拾った斧で伐採。意外と弱くてちょろい。楽に稼げてラッキーと、ホクホク顔で帰還したエリカでした。なんか変な蛹を持って帰ってきちゃったけど、クライス君(シロちゃんの飼い主)にあげればいいか。

「空飛ぶ笛吹き男(3~5)」作者:罪深い赤薔薇の花子さんとかの人さん
大量の子供を誘拐した笛吹き男を倒しに行くお話。ひっそり同行してるジェームズさんの解説と、敵を暴露した時の解説文を読むと切ない…。一体なんでこんなことになってしまったのか…。哀しいです。

「いいオークの日と聞いて(2~4)」作者:罪深い赤薔薇の花子さんとかの人さん
森から帰ってこない子供を探しに行ったらオークがいて…という一本道短編。なんか思ってたのと違って…カッコいいぞこいつ!?この手の話にロマンを感じるので、短いながら引き込まれました。女の子に聞かれて、何も答えられない冒険者が辛い…。

「お手紙を届けに(1~5)」作者:罪深い赤薔薇の花子さんとかの人さん
依頼人の嫁いだ娘さんに手紙を届けるお話。道中のイベントはランダム発生。星の金貨も拾えるぞ!運良く?ミノタウロスには遭遇しなかったので増額はなし。娘さんが姑の嫁いびりにまったく堪えてないどころか、猛烈な反撃をしていて笑えました。あれなら大丈夫だわ(笑)

2019/02/04

CWまとめ感想(2019/02/04)

「25時94分」作者:ふゆこさん
一人用探索脱出ゲーム。ホラーゲームっぽい雰囲気と緊張感あふれるゲーム性は良かったです。グロ苦手な人はやらない方がいいですね。基本的にPCが辛い目に遭うのが嫌だと気付いたので、痛覚なさそうなゾンビPCで突入。痛がってるのは演技です。全部片っ端から調べていったので何度もゲームオーバーしてしまいました。白い裸のおっさんが不気味で素敵です。

「とある群青の話(1~10)」作者:ほしみさん
戦闘もあるかもしれない短編読み物。連れ込み出来るようになったということで再プレイ。ギャグと見せかけて哀しい話ですよね。願いを叶えたとしても、そんな方法はないと嘘をついても、インディーゴが幸せになれるとは思えないジレンマ。だからこそ、冒険者になって一緒に一番良い方法を探そうという選択肢が増えたのが嬉しいです。いつか今の生活も悪くないと思ってもらえたらいいな。

「薔薇米死霊、魔王と掌破(4~6)」作者:ほしみさん
「聖剣の勇者」クリアと聖剣スライプナー(貸出もあるよ)が必要なギャグ短編。水田の稲がアンデッド化するという怪事件よりも、その稲を作ってる人の方が事件でした。冒険者たちの反応がまるでGにでも鉢合わせしたみたい(笑)魔王のキャラはかなり好きですね。こんな愉快な宿敵なら、いてもいいかもしれない。しかし、手に入る米俵の禍々しさよ!

「男爵夫人の悪い夢」作者:ほしみさん
NPC視点で進む吸血鬼一人用読み物。やってることは悪どいのに哀れになる男爵夫人でした。素人に毛が生えた程度の人が召喚術なんて手を出すべきじゃないですね。だいたい、あの程度の血液を毎日取るくらい、高給で衣食住保証すれば喜んで飲ませてくれる人はいくらでもいる気がする。血の伯爵夫人を思い出しました。

「呼応する双絆」作者:ほしみさん
森で薬草を摘んでいたら悪党と出くわして逃げるお話。とりあえず初期設定のまま突入したら口調だけで面白過ぎて「この子たち、何に目覚めちゃったの!?」という感じでした。そういえば中二病クーポンつけてたんだった。主従二人で中二病患ってるって大丈夫かこのPT(笑)主従と師弟、犬猿がいるPTだったので、全部の組み合わせを堪能。どれも良かったです。

「傍迷惑な盗賊団(4~6)」作者:オサールでござ~るさん
貴族の子供と間違えられてさらわれたPCが盗賊団から逃げ出す短編探索シナ。いろんなアイテムが手に入るので低レベルでもいちおうクリア可能。ただ、防具が手に入るかどうかは宝箱選びにかかってるので、ハズレを引いたら低レベルは詰むかも…。それとも負けてもゲームオーバーにならないのかな?いちおう戦う順番とか考えつつ、ハラハラしながら脱出できました。おみやげも手に入ってほくほく。

「烈士(5~7)」作者:にべおさん
かっちょいい戦闘シナ。何人もの冒険者を屠った守護者との対決に痺れました。PC1人で勝利すれば追加報酬ありということで試しにlv7の元聖騎士で挑戦。賢者の酒をぐびぐび飲みながら双狼牙などでガシガシ攻めてギリギリ勝利。この程よい難易度が私にはちょうどいいですね。リビングアーマーがお土産にくれた妖刀の適正も良い感じでした。

「捕食者は来たる(3~6)」作者:にべおさん
ゴブリン討伐の依頼でヤバい奴の存在に気付いて、さてどうする?なマルチエンドシナリオ。村長の人柄や村の成り立ちが良いですね。もうこれだけで戦う動機になりました。登場した敵さんの姿が想像してたのと違ったけど、あれってサイズは2~3mくらいなのかな?首が飛んだかもしれないあの一撃の高さからすると、たぶんそれくらいですよね。lv4のPTで行ったら意外と勝てたものの、実際に対峙したらおっそろしいだろうなぁ。このレベルで英雄扱いしてもらえるとは!見た目がえげつないあの武器は豪傑型のヴォルフガングにぴったりでした。

「宵闇の来訪者(1~3)」作者:にべおさん
幽霊騎士を撃退する低レベル向け戦闘シナ。守る気がぜんぜん湧かない嫌われ貴族さんで、ひよっこ冒険者はこういう他の人がやりたがらない仕事もこなして成長していくんだなぁとしみじみしました。lv2の3人で回復アイテムを使いつつなんとか撃退。貴族社会の様子もチラッと見えて、味わいある作品でした。

この子が言うと怖い(笑)

「聖者を殺す死霊(4~6)」作者:オサールでござ~るさん
辺境の村まで妖魔退治に行く戦闘寄り探索シナ。聖者がことごとくやられた理由には「なるほど!」となりました。ただ、依頼の真意がこの女の子PTなら絶対引き受けないようなもので…。りどみに注意書きがあったら嬉しかったなぁ。

2019/02/01

「CWポーカー」感想


作者:えふぶいさん
エンジン:Next専用

ポーカーができるミニゲームシナ。
まだ5回くらいしかまともな依頼をこなしてないレベル調整中2人PTで、ほぼ全財産3000spをコインに換えてスタート!
1ccでちまちま賭けてたのに、途中間違えてクリックして危うく素寒貧になるところでした。1回指定したら変更するまで掛け金は変わらないようにしないと事故が起きそう(汗)

でも運よく勝てて一気に元手が増え、それからはとんとん拍子でした。
こいつらもう元の生活には戻れないんじゃないだろうか(笑)
さしずめシルフっちは幸運の女神で、collumはギャンブラー?
PT名を考えてなかったけど、これからは「でたとこギャンブラーズ」と名乗ろう。あとでcollumに賭博師クーポンでもつけてみようかな。

ほしい景品と交換して、あとは売値3000sp分になるくらいの魔法薬と交換。大量にコインが余ってるけど、もしかしたら今後景品が増えるかもしれないし残しておくことに(ver.1.02で景品が増えたみたい)
ポーカーをぜんぜんやったことがなかった私でも楽しめる作品でした。

2019/01/29

CWまとめ感想(2019/01/29)

「カボチャの悪魔の贈り物(2~4)」作者:はぎのりとさん
ハロウィンに人探しをする依頼。ケーキ大好きで明るい依頼人トルダちゃんが可愛かったです。ちょっと訳ありな様子だけど決して暗い雰囲気にはならない!真相がわかるとそういうことかぁと納得できるし、この世界ならこういう事情を抱えた人が他にもいるかもと思ったり。よし、もっとみんなで仮装してはしゃごう!おみやげのお守りが可愛いです。

「手乗り吸血鬼といっしょ」作者:はぎのりとさん
吸血鬼が弱ってコウモリになってしまったので、仲良しさんがお世話する読み物シナ。ほのぼのして癒されました。いつもよりか弱いお嬢に過保護気味になってるジャック君かわいい。きゅいきゅい鳴いてるペットみたいなお嬢も可愛い。そしてこんな事態でも意思疎通できる二人が可愛い。ラストのオチもクスリと笑えました。片想いにも対応しているけど、片思われが世話する側だととくに反応ないのがちょっと寂しい…。

「半径12cmの冒険(1~3)」作者:テルさん
植木鉢の世話をして花を咲かせる依頼。一方の行動がもう一方に影響するPT分断シナはいいですね!低レベルでも安心して突入できる難易度だし、メルヘンな世界での冒険は楽しかったです。アルルちゃん可愛い!先に高額報酬シナをやってなかったらアルルちゃんと離れ離れになるところだった。しかし仲間が1人消えても気にしない冒険者が(汗)かなり強力なアイテム・召喚獣が手に入って元一文無しPTが一気に強化されました。

「君が眠るための月夜」作者:兎歌マリさん
野営中に目が覚めて物憂げな?リーダーとお話しする読み物。お嬢と女盗賊で突入。うん、この二人は本当に可愛い。仲良くしてるところをもっと見たくなるね。ジャック君だったら違和感ありそうだったから彼女を選んで正解でした。お嬢は人間だった時のことでも考えてたんだろうか?

「死んだ小鳥の籠と夜」作者:兎歌マリさん
悪役一人用読み物。後ろ暗い商売に関わっていると、こんな歪んだ世界を見ることも多いんでしょうね。こういう趣味の人がいるっていうのは、昔某科学捜査海外ドラマで見たなぁ…。しかし、わざわざ彼女を変えたのは、○○られるなら美しい女性がいいってこと?とんだご主人様です。題材が面白かったし悪役っぷりを堪能できました。

「ありふれた殺害計画(5~7)」作者:黒豚和牛さん
悪役向けゴブ洞改変シナ。暗殺を成功させるだけでなく、現場で手に入れた情報を駆使して十分なお金を手に入れ、さらには暗殺を請け負った証拠の処理をするところがスマート。依頼人には「人を呪わば穴二つ」という言葉を贈っておきましょう。お爺ちゃんは可哀そうだったけど、この嘘で少しは心安らかかになるもしれない。

「南これ ~南瓜これくしょん~」作者:生野菜サラダさん
6人で持ち寄ったハロウィンアイテムが、誰も被らず特定の組み合わせだったら何かが起こるというミニゲームシナ。完全にランダムでやってるらしく、まず6人が別々のものを持ち寄るということが滅多にない(汗)「エンター押しっぱでダブったらF9作戦」で100回くらいねばってスキルげっと!

「サメvsカジキ~蒼海頂上決戦~(7~10)」作者:生野菜サラダさん
タイトルの通り頂上決戦感ありました。賢者の塔の人がこういうの作って放流しまくってそうだから、色んな所でこんなバトルが繰り広げられてるんだろうなぁ…。しかしサメとカジキの画像のインパクトが…(笑)こういう映画をぜひ見たいです。おみやげに念願のサメかまげっと!

「聖誕祭プチテロのその前に」作者:生野菜サラダさん
ついにプチテロシリーズ完結!おめでとうございます!今まで色んなPTでプレイしてたので(6PTくらい?)、一番多くプレイしてたシモンサーカス団のメンバーの未プレイシナを探すのが大変でした(汗)でも長かったプチテロとの戦いにちゃんと決着がついてよかったです。しかし、リューンに平和なんて訪れないのだった…。一番の問題は、自警団の人たちに頼り癖が付いたことかも。ここは鬼教官となって自警団を鍛え直した方が後々楽かもね(笑)

「廃坑に潜む盗賊団(3~5)」作者:オサールでござ~るさん
盗賊団の団長・副長退治依頼。炭鉱の中に罠が張り巡らされていて、シンプルなダンジョンながら緊張感ありました。敵の一人を捕まえて情報を聞き出すところもプロっぽくていい。おかげで安全に効率よく攻略できました。

2019/01/26

CWまとめ感想(2019/01/26)

「いつものゴブリンの洞窟(2~3)」塩砂糖さん
簡単な依頼だし手分けして受けよーぜーなゴブ洞改変。仲間二人で雑談しながらゴブ洞を攻略できます。それぞれに特別な相手がいると雑談でその相手のことを話すと聞いて、ジャック君とヘタレ参謀で突入。うん、よかった…しみじみ。どちらも彼らならそう言いそうだなぁという内容でしっくり。とくに片想いの方はちゃんと相手の特徴が反映されてて、素敵だと思うポイントがまさにという感じでした。これはお嬢とヒーラーでも突入しなくては!あと、宝箱に入ってる子がとても可愛いです。適性的にヒーラーに持たせることになるので、ヘタレ参謀が彼女に渡す様子を想像してニヤニヤしてしまいました。ってか、この召喚獣、可愛い顔して凶悪だな(笑)

「森林での死の接触(3~5)」オサールでござ~るさん
冒険者志望のいけ好かない金持ちの子供を連れて、森へ異変調査へ行く短編シナ。親父さんがイラッとするレベルは珍しいかも(笑)死者が増えている森の調査という切実な依頼の片手間で、お坊っちゃんのことなんて構ってられないよね。頑張ってレイスを退治したら連れ込みされました。見下されてたのが憧れの先輩対応に変わって、ちょっぴりいい気分。あれ、もしかして別の子供のパターンもあるのかな?

「蛟を奉りし祠」オサールでござ~るさん
推奨レベルが描いてないということは、どの戦闘で負けてもゲームオーバーにならないのかな?オールlv4メンバーでいちおうトロールまでは勝てました。しかしlv15のドラゴンにはさすがにかすり傷一つ負わせられず(汗)まあこれでも頑張った方だよね。まだスキルも十分に整ってないし。妖魔が集まってくるのを撃退しつつ、治安隊がやってくるのを待つというシチュエーションが楽しかったです。ドラゴンは別の高レベルPTでリベンジしてきました。

「やきどらごん討伐依頼(7~9)」しろねこさん
ドラゴンが襲ってきても冷静に冒険者に依頼するリューン市民余裕だなぁ(笑)犠牲者は全員街の外から来た人たちということで、後からいちゃもん付けてくる連中がいないか心配。可愛い顔してなかなか手ごわいドラゴンさんでした。

「1000匹のゴブリンの洞窟(1~10)」しろねこさん
ただのゴブリンも1000匹いるとさすがに怖いですね。敵のターンが長い長い。最速にしてても結構待ちました。必中全体攻撃が決まって全滅できるとスカッとします。賢者の杖げっと。

「1000匹のカナン様の洞窟(1~10)」しろねこさん
カナン様バージョン…。試しに行ってみたら1R目でPTの半分が石化し、次のラウンドには全滅してた。なんか行動しないPCもいた気がするんだけど、カナン様って行動キャンセル攻撃もってたんだっけ。手持ちの装備で色々試したけどダメだったので、チート級アイテムで全員眠らせてロケットランチャーでばーんしました…ごめんカナン様。

「生者の村(4~6)」しろねこさん
お~、これどうなってるんだろう?セーブ中断して再開すると何かがリセットされているということ?え、怖い…そのせいで進行不能になったりする可能性があったり?今まで自分が作ったシナリオは大丈夫なんだろうか(汗)何のバグを利用したギミックなんだろう。前に聞いたような気がするけど思い出せない…。何はともあれ色んな意味でゾッとする作品でした。みんなの明るい笑顔があんなことに…切ない!

「独任の導士の館(3~5)」オサールでござ~るさん
早く起きたPCに、親父さんがソロ活動の準備として低レベル向けの依頼を紹介してくれるお話。屋敷に残された魔術師の使い魔たちと戦います。シンプルで難易度も調度良く楽しめました。きちんと冒険者の能力を見定めて依頼を紹介してくれる親父さんがステキです。賢者の杖げっと!

「冷やし吸血鬼を温めたい!」はぎのりとさん
暴走するジャック君と戸惑うお嬢が面白かったです。体温のないお嬢を心配してあれやこれや対策を考える姿が健気。でも体質改善から!には笑いました。吸血鬼をどうしたいの(笑)親父さんや娘さんも優しいなぁ。ほのぼのした気持ちになれました。

「三時の妖精(1~2)」テルさん
行方不明の子供を捜索するお話。低レベル向けで戦闘もなさそうなのでレベル調整中の二人で突入。子供がいると会話が増えると書かれていたものの、トゥルーエンドに行けないのは聞いてない!(汗)仕方なく別のPTに入れる予定だったlv1子供PCを連れて再突入しました。なんかこう子供PCのセリフが辛辣だな…お気楽な子供だと合わないかも。セバスという妖精が可愛く、子どもの幸せから生まれた妖精たちの考え、人間との違いが表れててよかったです。あと人外対応もチラッとあって嬉しい。一文無しPTに鑑定アイテムをお迎え。やったね!