2018/11/15

CWシナリオ「征けよ旅人、口笛と共に」感想


推奨レベル:5~7
作者:mahipipaさん

案外怖い事件で、冒険者にとっての仲間、そして”我が家(宿)”がある安心感を実感できました。一人になった時の心細さったら!
最初に出会ったラーヴルに親しみを覚えるのも当然です。

事件の全容がわかってくると色々哀しいんだけども、それでも振り切って外の世界を目指します。
手記を残した人の強い意志、そしてラーヴルに想いを託したとも言える冒険者たちの想いが、背中を押してくれるようでした。

こんな状況だからこそ、いつものように軽口を言ったりできる仲間が心強い。
設定した関係性が反映されるのは雑談なので、見逃しがないよう見れる時にぜんぶ見るのがいいかも。

主人公が迫られる選択で二つほどかなり悩やまされたものの、一回で納得できるルートに進めました。
ラーヴルと広い世界を見て回りたいです!

2018/11/12

パソコンが壊れたかも?という時のデータのサルベージ方法

なんだか最近、パソコンが壊れて困っている方をお見掛けすることが多いので、念のため諦める前に試して欲しいサルベージ方法を2つ紹介します。どちらの方法も、まともに動くPCが必要です。
私もPCにそこまで詳しいわけじゃないので基本的な内容です。サルベージなんてやったことないという方も、割と簡単なのでダメ元で試してみてね!
PCが起動しなくなってもHDD(以下SSDも含めてHDD表記)まで完全に壊れているケースは意外と少ないです。逆に、HDDの調子が悪いだけでPC自体は無事な場合もあります。
とりあえずPCが壊れる前に↓で紹介する2番目の方法のライブメディアを準備しておくことをお勧めします。

<他のPCにHDDを繋げてサルベージ>
HDDを外付けUSB接続すれば中のデータを取り出せる可能性があります。

1、HDDの大きさと接続規格を確認し、それに合ったHDDケース(ケース型とは限らない)を用意します。ノートなら2.5インチ、デスクトップなら3.5インチが一般的です。安いものなら600円程からあります。
また古い(2008年より前くらい)IDEという接続規格の場合もあるので、もし該当するならIDE接続できるHDDケースを用意してください。

2、元のPCのハードディスクの取り出し方をメーカーの取扱説明書などで確認します。手元にない時は「PCの型番 HDD換装」などで検索してみてください。大手メーカーなら画像付きの解説や動画などがたくさんあります。HDDケースの使い方も確認しておきましょう。

3、周辺機器、ACアダプタを外し、バッテリーを外してしばらく放電します。

4、静電気対策手袋やゴム手袋で静電気対策をします(とくにSSDの場合)。分解の際にネジを外す必要があるなら、サイズの合った精密ドライバーも用意してください。ネジを紛失したり、どこのネジかわからなくなると面倒なので、外したネジをサイズごとに分けておける容器などもあるといいと思います。

5、壊れたPCからハードディスクを取り出し、HDDケースに収納して壊れていないPCにUSB接続します。

6、壊れていないPCから中をのぞいてみて、データが見つかったらコピーして救出してください。見つからない場合は規格が合っているか、HDDケースの不具合ではないか、別のPCでは見られないか、救出元と救出先のフォーマットが違って対応できなくないか…など確認してみてください。windowsからは見えなくても、↓で紹介しているlinuxのライブメディアからなら見られる場合もあります(経験談)。色々やってもダメならフリーのデータ復旧ソフトなどを試してみるといいでしょう。


<ライブUSB・DVDなどでサルベージ>
パソコンが壊れたように見えても、OSが起動できないだけでハードの故障ではない場合があります。そんな時は、ライブUSB・DVD(リカバリディスクのようなPCを起動できるもの)でデータをサルベージできる可能性があります。できればPCが動いているうちに用意しておくといざという時に安心です。DVDを作る場合は、普段入れっぱなしにしてないなら起動順位を1番上にしておくとさらに安心。

1、空の(またはFAT32でフォーマットした4GBほどの)USBかDVDを用意します。どちらでも構いませんが、故障したPCにUSB端子があるか、DVDドライブがあるか確認してから選んでください。また、データの救出先としてUSBメモリや外付けHDDなどが必要なので、端子の数も考慮してください。

2、まともに動くPCでフリーOSのlinuxをダウンロードします。今回は使い勝手がwindowsに似ていて軽量な「linux mint mate」を使います。
Downloadページ」の下の方の「EDITION」からMATEの32-bitか64-bitを選択。基本的にはそのPCと同じで大丈夫です。リンク先の「Download mirrors」から適当にサーバーを選んでisoファイルをDLしてください。

3、ライブUSB・DVDをつくります。

◆USBの場合

1、ライブUSBを作るフリーソフト「UNetbootin」をダウンロードします。windows、mac、linuxに対応しているので、LiveUSBを作る時に使うPCのOSに合ったものをDLしてください。


2、インストールするUSBをセットして、DLした「UNetbootin」をクリックして起動します。「ディスクイメージ」を選択し、右側の「…」ボタンから先ほどDLしたisoファイルを選択します。下の「ドライブ」にセットしたUSBが選択されていることを確認したら「OK」をクリック。しばらくするとライブUSBが完成します。


◆DVDの場合

DVDをセットした後、isoファイルを右クリックしてwindows7以上なら [ディスク イメージの書き込み] 、vistaなら-[送る]-[DVD/CD-RWドライブ]で[ライブファイルシステム]を選択し[次へ]で作成できます。xpの場合はサードパーティのソフトを使ってください。macとlinuxの場合は自力で調べてください…スミマセン。


4、目的のPCの「起動メニュー」の出し方、またはBIOS画面を出して起動順序を変える方法を調べておきます。メーカーによって違うので、取説やネットで調べましょう。

5、目的のPCにライブUSB・DVDをセットし電源を入れ、起動メニューまたはBIOS画面を出します。起動メニューならセットしたUSBまたはDVDを選択して起動。BIOS画面なら、左右矢印キーで「詳細設定」などを選択し、セットしたUSBまたはDVDが起動順位の1番上になるように変更して保存。BIOSの設定を終了します。

6、成功すればlinux mintが起動します。途中、黒い背景に真っ青なウィンドウが出てきますが「Default」が選択された状態でEnterキーを押すか放置していれば大丈夫です。

7、左上の「Computer」アイコンをWクリックして認識できたデバイスとドライブを確認します。

◆目的のドライブが表示された場合

1、容量などからサルベージしたいデータの入ったドライブを選択します。パソコンが壊れる前にラベル名を設定しておくとわかりやすいです。windowsの場合は「PC」→ドライブを右クリック→「プロパティ」→「全般タブ」でラベル名を変更可能。


2、目的のデータを見つけたら、データの避難先の外部記憶媒体を接続。「Computer」に表示されるので、ホイールクリックでタブを開きます。あとは必要なデータを避難先にコピペしていってください。操作はwindowsと変わりません。「ctrl+c」か右クリックメニューの「Copy」でコピーして、「ctrl+v」か右クリックメニューの「Paste into folder」でペーストできます。


◆目的のドライブが表示されなかった場合

2、デスクトップ左下のメニューボタンをクリックし、メニュー左上の「All application」をクリック。


3、「Applications」の「Administration」から「GParted」というパーティション編集ソフトを起動します。


3、右上のドロップダウンリストから、容量を目安に目的のHDDを探します。これでも認識されないとちょっともう私にはわかりません…。見つかったらそれを選択してください。HDDのパーティションや使用量などが表示されます。問題がある場合は赤いマークが表示されるはずです。丸ごとコピーしたいパーティションサイズを確認してください(使用量ではありません)。

注意!:この先は自分ではやったことがありません。「ぱそとら パソコン我流工房」というサイトを参考にしました。
使い慣れたHDDクローンソフトなどがあるなら、そちらを使った方が安全です。

4、そのサイズと同じかそれより大きい外部記憶媒体を接続し、「GParted」を一度閉じて再びメニューから開きます。コピーしたいパーティションで右クリックし「Copy」を選択、ドロップダウンリストからコピー先を開いて「Paste」できる…と思います(汗)
もしできなかったら、先にコピー先を開いてフォーマット(元がwindowsならntfsで)し、パーティションを新規作成した後にコピーするなど試してみてください。


5、コピーが終わったら「GParted」を終了し、linux mintのメニューを開いて電源マークから「shutdown」します。コピーしたデータをまともに動くPCから確認してみてください。これでもサルベージできない場合は、フリーのデータ復旧ソフトなどを試してみてもいいでしょう。

CWまとめ感想(2018/11/12)

「鉛の湖」作者:覆面ノルドさん
ランダムクーポン配布ユーティリティ。関係性クーポンや種族クーポン、その他色々なクーポンをランダムで付けてくれるので、新しく作ったPCの特徴づけにちょうどいいです。人外に10個つけてもらったところ、21世紀地球の記憶とか意外とあり得そうなものや、アイラブたいやきとか可愛いのがついたり面白かったです。でもちょっとホラー風味で、調査報告を読み返しつつ行ったり来たりしてるとイベントが進んでいって…。あまり長居するべき場所ではないかも。読蛇の杖げっと!

「広場に怪獣がいるらしい」作者:うどんこさん
感想が前後してますが例のサメ帽子などが手に入るシナリオ。被り物と侮ることなかれ。かなり優秀な防具です。とくにウサ耳。ガチャで手に入るのは8種類。丁度9000spつぎ込んでコンプしました。サメ帽子かわいい!

「その日蒔かれた何かについて」作者:兎歌マリさん
親父さんの死亡フラグな夢を見て、何か芽生えてしまったPC一人用読み物。文章が上手いのでさらっと読めるけど、相手は親父なんだよね(笑)まあ実際のところ、色んな事情を抱えている冒険者には結構モテる気がする。包容力あるし。一時的なものなのか、続いていくのか、それはPC次第だ!

「破滅の呼吸」作者:地下帝国さん
これは…!(笑)真面目な雰囲気で始まる吸血鬼退治シナかと見せかけて狂い系。食事のメニューからもう先が読めるんですが、実際にそれを目の当りにしたら想像以上に笑えました。いやぁ、こういうの大好きですね。吸血鬼どころか、askシナのあの人まで!親父さんもすごいけど、おそらく一番キツイ時に対応してた店員さんが一番すごいのでは?見張りの骸骨3体が好きです。

「途方も価値のない乞食の洞窟(1~15)」作者:地下帝国さん
「elona」の二次創作ゴブ洞改変。一見何もない洞窟なんですが、いくつかKC当ててみると地獄を見れます(笑)lv11の6人PTで挑んだものの頻繁に1R目で死ぬので対象消去に頼ってしまいました。対策されていたらしい不浄な敵1匹にも何度かやられたし。もう一人別の敵もいて、ある技を発動されるとドラゴン3体+アルファが増えるぞ!そして、死に物狂いでクリアした後、例のごとくヒントテキストに気付くという…。まあ、勝てたからいいか。

「ソリスは、何も(5~)」作者:バルドラさん
破産した商人の警護依頼。描写がとても丁寧で引き込まれました。登場するのは主に商人とPCくらいなのに、会話や探索でわかる情報から依頼人や絵に関係する人々の人生が浮き上がってくるんですよね。とても濃密な時間を過ごした気分になって、依頼人も言っていたように一晩どころかずっと前から知り合いだったみたいに感じられました。ホラー要素もありつつ、ほぼ部外者な侵入者の「むぐー!」が程よく緊張を和らげてくれます。ラストは選択によって印象が変わってくると思いますが、私が選んだルートはほろ苦いながら希望を感じられました。メッセージの画像がちょうど背景の窓から見上げるように重なるのが素敵。…彼女はソリスや母親に会えたかなぁ。

「墓場に落ちていた魔術師(5~10)」作者:かがちさん
相変わらずホラーな雰囲気を堪能できます。普通に言われた通りにやるとエンディングDで、その他のエンディングを探すのがかなり難しかったです。ノーヒントの中、試行錯誤してエンディングを全部見るとエリカにも思い入れができますね~。初めて見た時「こわっ!」とか思ってゴメンよ。

「飢え、求め、(8~10)」作者:柳の灯さん
吸血鬼となった冒険者が理性を失う前に…という戦闘シナ。同じ冒険者に対しても、時に非情にならなければならない世界。冒険者稼業をやっているとこういうこともあるんでしょうね。PT内に吸血鬼がいるけど、心を鬼にしてlv6元聖騎士で挑戦。真っ向勝負では厳しかったので、りどみにあった魔力感知で有利な状況に!何とかリベンジできました。この後、親父さんが灰を教会に持って行ったりするのかな?

「嵐のように(8~10)」作者:黒豚和牛さん
悪人向け虐殺シナ。6人で行った場合、二人一組で3連戦くらいしていきます。本棚の影から魔法の矢がうざい!たまたま魔法無効化を持つPCが当たって良かった…。殺伐としているもののヒャーハー!なシナではなく、どこか陰鬱な空気があって良かったです。きっと塔の魔術師は悪逆非道なやつだったんだろう…。旅芸人さんたちは可哀そうでした。換金用アクセサリと火晶石げっと!

「続・奇塊外伝(9~10)」作者:ゾンビ怖いさん
ダイソンの話で下水道のさらに奥にヤバいビホルダーがわんさかいるとわかりビホ退治へ。ビホルダーが3匹1組でうろうろしてる中、ダスキンと雑談しながら探索。古代魔術語で書かれた日記の内容が酷い(汗)ビホルダーへの愛着は共感できなくもないけど、兵器開発合戦をそんな気軽に…。ダスキンの下水道設備への情熱と、平和主義なところが良かったです。ラスボスは硬いし眠り&麻痺が凶悪だし、結構苦戦しました。おかげで親父さんの言う通り満足感ありました。

2018/11/09

CWシナリオ「妖精の砂浜/夏の水着コンテスト」感想


作者:ノソラさん

冒険者向けのビーチで水着コンテストをしたり、クララちゃんと遊ぶバカンスシナ。
女性向け水着販売も行っていて、その種類と数が半端ないです。
どの水着も可愛いし、大抵のPCにピッタリのサイズ(適正)があるというこだわりよう。

しかも、水着コンテストは女体化必須で男性も参加可能!
ここの運営の人達はどんだけ水着女子が見たいんだ!(笑)
シェルパールの水着にも対応してるので、男性用水着でさらしを巻いて参加したり。
ちゃんと着ている水着が体型に合っているかなども判定していて、コンテストの雰囲気を楽しめました。

また、シェルパールの素材にも対応していて、展示されてない特別な水着と交換してくれたりもしました。
他にも石で水切りをしたり、その他海産物や海の砂が美味しい料理やお土産になったり。
水着ゲットのために素材集めをして出直したんですが、大量の石(使っても使ってもなくならない…)を楽しく消費できて嬉しかったです。ちょっと大量過ぎて不法投棄にならない?と不安になるほどでしたが(笑)

海の砂も素敵な砂時計になって、まさかわざわざ数合わせのために砂目当てでシェルパールに戻るとは思いませんでした。
おかげで荷物袋の中がお土産でいっぱい!
クララちゃんとの遭遇は冒険者らしかったし、充実したバカンスになりました。

2018/11/06

CWシナリオ「蒼海に眠る暴威の牙」感想


推奨レベル:7~10
作者:無名しさん

海にバカンスにやってきた冒険者たちが、ヤバそうなサメを退治する戦闘シナ。
せっかくなのでサメ帽子をみんなに装備させて挑戦しました。サメ大好きにしか見えない(笑)

しかし、このサメが本当にサメ映画っぽいハチャメチャさで楽しいです。
繰り出す技の数々にテンション上がりまくりでした。
まったく古代人は何を考えてるのか!いいぞ、もっとやれ!

しかも、掌破使いがいるとそれを華麗に薙ぎ払ってくれるんですよ~。白き猫さん大活躍です。
負けてからの再戦も痛快ですね。始祖に対する「ちょっと何言ってるのかわからない」という冒険者たちの反応も好き。
あの後、思いっきり海を満喫したんだろうなぁ。

2018/11/03

cwシナリオ「水精の井戸」感想


推奨レベル:5~7
作者:タビビトさん

退治依頼じゃないゴブ洞改変シナ。村を救うため水精タキツセと契約するため祠に向かいます。
冒険者に依頼が来る経緯がいいですね~。愛に生きる依頼人さんが好きです。

ダンジョンは一部水没していて、泳いだり飛んだりして移動できます。
泳ぎに関するクーポンは持ってなかったので判定で成功するまで頑張りました。なかなか成功しないから行動力アップのステーキを食べまくってしまった(逆に溺れそう 笑)

機甲の兵士にアンドロイドクーポンをつけておいたら水対策してるかどうか確認されて、適当にばっちり!と答えておいたら成功するたびに「対策しといてよかった!」みたいに言ってて可愛かったです。
たぶん、かなりの数のクーポンに対応してるんじゃないかな?

ボス戦に有効なスキルをあまり持ってなかったので、この前手に入れた爆発の杖(双方全体に魔法ダメージ)で強行突破。満身創痍で水精の元にたどり着きました。
白き猫が気に入られたようなので契約。水精召喚はまだ持ってなかったので丁度良かったです。

賢者の杖の入手法も元のゴブ洞とは違っていたし、新鮮な気持ちで遊べるゴブ洞改変でした。

2018/10/31

CWシナリオ「我が復讐」感想


推奨レベル:4~7
作者:糞虫(空想無私)さん

PC一人用マルチエンドシナ。
どちらかというと復讐モノは苦手なんですが、これは良かったですね。理想的な復讐者でした。

何と言っても、勘違いや騙されて復讐相手を間違えたり、無関係な人や相手の周りの人を巻き込んだりしないように細心の注意を払っているところが好きです。
悩みながらも自分が冷静に判断できているか、間違っていないのか一歩一歩確認しながら復讐相手に迫っていくところが好感持てました。

舞台もいいんですよね。美しい風景を前に、思わず本音がこぼれてしまったり。
彼女自身が後悔しない選択をできるようにと願って受け答えしてたら、PCとの距離がグッと近付いて、いつの間にか連れ込んでました(笑)

雑貨屋さんでVIP客になったり、子供たちと仲良くなるくだりも楽しかったです。
ザリガニげっと!

2018/10/28

CWまとめ感想(2018/10/28)

「深夜のしろくま」作者:白澤のくさん
さりげなく分岐がいっぱいある短いマルチエンド読み物シナ。色々KC当てると楽しい。しろくまと戦うverの相手のスキル絵が可愛いです。ちょっと欲しいな…。しろくまの恰好でアグレッシブに動き回って戦う様子を想像すると笑えるかも。

「20匹の鮫と鯨(5~7)」作者:しろねこさん
20コンテンツ戦闘シナ。サメとクジラを討伐するんだけど、うっかりするとサメに丸飲みされるから油断できません。戦闘前に買い物ができて、敵が何度も復活するギミックありで20コンテンツってすごいなぁ。夏らしくてヒヤっとするシナリオでした。

「命中するまでカナンに聖水を投げ続けるシナリオ(3~5)」作者:地下帝国さん
あのカナン様に聖水投げ放題とかやるっきゃないでしょ!行動力バフまでかけてくれるので3回目でヒットしました。話を聞かない冒険者が小学生レベル(笑)検定ということは、他にも聖水を持って待ち構えている冒険者たちが…。カナン様不憫…!

「シナリオ作成の洞窟(1~3)」作者:しろねこさん
ゴブ洞改変シナ。作りかけのゴブ洞を完成させるという依頼内容から面白い。本当にシナリオ作成するのね!作りかけの見張りに、一生懸命なホブゴブ、そしてボス戦に宝箱など、作りかけの部分を完成させていきます。…結構適当な感じに(笑)完成したらキャストデータによる被害はなくなるだろうけど、それでいいのか村人よ。まあ、画像なしのキャストデータって、ある意味ホラーだからね。ゴブリンの方が怖くないかも?

「鮫の水族館」
サメの水族館をふらふら歩きまわる夏のサメ祭り作品。静かに水槽を眺めたり解説を読んだり、水族館は好きなので雰囲気を楽しめました。バラけて行動してる仲間と順番に少し会話していくんだけど、みんなに「先に行ってて」と見送られるのが若干ホラー感あったり。あそこで飼育されてるサメたちは、どういう経緯でここに来たんだろうなぁ。

「奇塊外伝(5~6)」作者:ゾンビ怖いさん
ダイソン・クリーナーでもう持ってかれました(笑)しかもダスキンそっくりさん。いったい何人のそっくりさんがいるんだ?名前は笑えるけど事態はかなり深刻です。あれが世に出回ったら終わりですよね。おまけにビホルダーまで従えて。元々番人として作られたのだから、正式な手続きを行えば命令できるということか…恐ろしい!ラスボス戦ではダイソンの思惑通り罠にはまってしまいました。まさか冒険者の習性をそこまで把握していたとは…不覚!もちろん勝ったけどね。

「北海道弁の洞窟(1~3)」作者:teneさん
タイトルの通りのゴブ洞改変。でも話し方が違うだけでなく随所に北海道らしさが。子供の頃は夏休みに親戚の東北弁を聞いていた(理解はしてなかった)ので、北海道弁もなんとなく懐かしかったです。ついつい雑談を全部見ようと洞窟前で粘ってしまいました。ゴブリンたちは祭りの準備でもしてたのかなぁ?宝箱の中身にはギョッとしました(笑)戦士系に持たせるか。おみやげたくさんげっと。

「少し訳ありな依頼(7~8)」作者:ミマスさん
コミカルで楽しいシナリオでした。NPCの頼りない雰囲気がどこか見覚えあるなぁと思ってたんですが、りどみを読んで納得。確かにあの子の印象、強いですよね。冒険者たちも自分たちの方が上だと感じているのか、嫌なことを押し付けたり。他の依頼人にはそんなこと頼んだりしないでしょ!でも仕事はちゃんとプロらしくやり遂げます。結局、あんなことになってしまうけど(笑)やっぱり信用できる依頼人かどうかは親父さんに判断してもらわないとダメですね。あと、暗がりから聞こえるあのセリフは笑えるけど怖い。彼の身に何が…?黒曜石と禍の石(換金アイテム)ゲット!

「奇鼠 ―∞増殖―」作者:LV1@さん
ASKシナや色んな下水道シナとクロスオーバーしている前日譚的シナリオ。増殖ってこういうことか!ネズミ算式とは言うけれど(笑)でも、この可愛いネズミならちょっとくらい増えてもいいかも、とか思ったり。最大どれくらいまでいくんだろう?最後は白ワニ登場で無残にも…。この流れから、あの人の登場は紛らわしいですね。さらにあの人まで!リューンの下水道なら何が起こってもおかしくない(笑)ダスキンが最初からテンション高くて楽しかったです。ダスキンガチャのネーミングも好き。鋼鉄の箱と光る板げっと!

「ASKしりとり」作者:teneさん
シャルロッテと村へ向かう途中の馬車の中、暇つぶしにしりとりをするミニゲーム20周年記念シナ。Askに関係ある40枚のカードを取っていって高得点を目指します。一般的な読み方以外にも裏読みというのがあって、苦し紛れに適当に選択したカードがそれに当てはまっていたりすることもあって面白い。裏読みの方が点が高いので、多くとるだけじゃなくて色んな読み方を把握してないと高得点は狙えません。かなり粘ったけど70点台を一度出した切り、後は全然でした。最高何点なんだろう?手作り傷薬と聖人の剣げっと。

2018/10/25

CWシナリオ「二頭の大蛇」感想


推奨レベル:4~6
作者:むるえださん

聞き込みをして、しっかり準備して挑む討伐シナ。
聞き込みパートも討伐パートも丁寧に作られていて、満足感の高いシナリオでした。

参謀の推理を聞いて誰を警戒するべきか、しないべきかで話の流れが少し変わってくるのがいいですね。
慎重なデキる冒険者って感じです。
元神官見習いのコンセイユ君が参謀役で、時に冷酷な判断をするところが余計に怖く感じました(笑)
まあ、元々戦う聖職者は怖い人が多いでしょうが…。

戦闘が苦手なパーティなのに、最後は一緒に死なせてあげようと甘いところを見せたら想像以上に苦戦してしまいました。眠りが効かなくなるなんて聞いてない!
…後で攻略テキストに気付いたという。あの薬は絶対毒だろとか思ってたよ。

戦闘の手ごわさも含めてやりごたえある作品でした。

2018/10/22

CWまとめ感想(2018/10/22)

「遺跡の番犬の墓守の願い(2~4)」作者:ほしみさん
ウィスプが出る遺跡の調査と原因解決をする探索シナ。掌破使いがいると、最初の親父さんとの会話での反応が面白い。ウィスプ対策なら掌破だよね!マップの移動が珍しい感じで最初はちょっと戸惑ったものの、探索らしさを味わえます。見つかった文書からわかる事実はやるせないねぇ。ウィスプの出現も助けを求めてるのかなと思えました。動物PCがいたからなのか、アンの気持ちもわかって切ないながら後味は悪くない作品でした。

「お嬢様はお菓子がお好き♪(1~3)」作者:ハカセさん
お菓子ばかり食べて太り気味なお嬢様のため、しばらく甘味をまずく感じる天然ソーダを取りに行くお話。お嬢様の行動から、なんでお菓子に夢中になってたのか気付く冒険者が偉い。親にちゃんと話すところも。でも、トラブルメーカーが冒険者を目指しちゃって大丈夫かな?あと、ウィードを倒したらピーナッツが手に入るのが何だかメルヘン。

「なきごえの洞窟(1~3)」作者:兎歌マリさん
夏っぽいというのでやってみたけど、これは…なかなかひんやりしますね~。敵を暴露してみたらゴブリンとホブゴブで、一体何があったのか!?手に入るトランクはもう「シュレディンガーの○○」って感じで怖いんですけど…。開けられないよこれは。

「大天使の洞窟(1~3)」作者:月森さん
話を聞けば聞くほどおかしい(笑)見張りはいつもサクッとやっちゃうタイプなんですが、動くはずのないこれには「おびき寄せる」を使いたくなりました。PCたちの冷静なツッコミが好きです。それでいて「可哀そうだったかな」と若干罪悪感に駆られてるところも。大天使の普通過ぎるやり取りにも笑わせてもらいました。仲良しなことはいいことだなぁ。にしても、天使の杖つよすぎぃ!

「鳥の歌が聞こえない(2~4)」作者:齋藤 洋さん
久しぶりに再プレイ。初めてやった時にかなり迷ってストレス溜まったので避けてたんですよね~。今回はしっかりマッピングしながら移動したら案外狭い…。移動できる方向以外に崖や茂みのカードがあるので覚えにくかったのかな。今回はラッツ生還出来ました。っていうか、初プレイの時ってどうだったっけ…とゴシップ調べたら生還させてたわ。マルチエンドらしいけど火攻め以外の生還方法がまったく思いつかないです。飛行とか?ちょっと中をのぞいて勉強しておこう…。

「リメイク版カラドリウス(3~4)」作者:楓さん
商会の創設者の依頼で、かつて彼の命を救ったカラドリウスという霊鳥を探すお話。遺跡っぽい場所で魔法が効きにくいアンデッドと戦ったり、金色の狼フェンリーと戦ったり。ただの狼じゃないと見抜いたのがモンスターマニアのコンセイユ君でさすが。pcは喋らず、淡々とした文章が静かな舞台に合ってました。スキル2枚げっと!

「白夢(5~)」作者:かがちさん
怪しい人に頼まれて、怪しい生き物を育てるシナリオ。めっちゃ怪しいのに、エサ(これも怪しい)をあげたり撫でたり話しかけたりしてるとかわいく思えてくるんですよ。たとえ見た目が怖くなってきても…。なので戦闘が切なくて…。戦うPCたちが何も知らないのが救いです。でもやるせないだけでなく、最後は泣ける展開も。この子は大事にして、色んな世界を見せてあげなくては!

「水不足(3~4)」作者:ミマスさん
これは…自然を制御しようなんて人間には無理ということかな。しかし、一回きりの効果っていうのを考えると、実は村に害を及ぼした妖魔か何かを封じてあったのではないかと疑ってしまったり。翻訳ミスしたのかなぁ…。ミイラになるのは嫌なので、しっかり準備していったらサクッと終わりました。山のように水筒を持ち運ぶ冒険者(笑)砂漠などで貴重な水をやりくりしながら探索するのはロマンだよね。

「豚肉の乱舞(3~4)」作者:地下帝国さん
砦に勝手に住み着いたオークたちを討伐するお話。情報カードとか砦内の構造とか終わり方とか、作者さんの正直な気持ちが表れてて笑えました。ゴブ洞よりも警戒態勢に入りやすいので、低レベルシナでもそこそこの緊張感。警戒されたのが最後の雑魚オークだったので、ボス戦にもサクッと勝利してサクッとおわったよ!

「奇蟲(3~5)」作者:胡蝶さん
3Dダンジョン型の下水道探索シナ。おぉ~、めっちゃ3Dダンジョンですね…。方向音痴なので3Dダンジョンは大の苦手なんですが、マップを添付してくれてるのでなんとかクリアできました。視界が狭くて、薄暗い地下水道を歩いているという雰囲気がたっぷり味わえます。出てくる敵もたくさんいると強敵だし、ラスボスは何人もの犠牲者を出してる恐ろしい相手。倒しただけでは終わらないところも良い。ただ、浮浪者さんに二人のことを伝えられなかったのがちょっと心残りです。

2018/10/19

CWシナリオ「雨音のたずね」感想


推奨レベル:1~3
作者:むるえださん

依頼帰りに雨に降られ村で一泊することになった冒険者たちが、ひょんなことから山の火精たちを鎮める依頼を受けるお話。

マインスイーパが元ネタの火精探しが面白かったです。手持ちの魔力感知アイテムは使えなかったんですが(すでに修正されたようです)、できるだけ戦闘回数を減らそうと効率よく探そうと頭を捻るのも楽しい。
二回目のプレイではシナリオ内で買える回数制限ありのアイテムを駆使し、戦闘1回だけで済みました。

_献身的を持ってそうな依頼人さんが可愛くて健気で、_ひねくれ者を持ってそうな依頼人さんとのやり取りも楽しかったです。
依頼が終わったと思いきや…な展開も王道で、最初のlv1PTでは勝てそうもないのに何度も挑戦してしまいました。
結局あれを倒すルートはレベル高めのPTに譲りましたが…。
司教様がいい人でよかった!

しかし、経験点目当てで倒すルートもやってみたものの、あのルートだと村人たちの信仰心は薄れていって、いつか彼女も消えてしまうんだろうか?
そう考えると、無理に倒さず司教様に任せた方が良かったのかも…。

2018/10/16

CWまとめ感想(2018/10/16)

「半分の夜には」作者:oyuさん
野営中に見張りをすることになったPCの暇つぶしシナ。焚火の前で道具の手入れをしたり、夜食を食べたり、日記をつけたりとのんびり過ごせる作品でした。結構色んなクーポンに対応しているようで、それぞれのPCらしい暇の潰し方ができるのが嬉しいですね。自動選出したらパルになって、木彫りの猫とか作りました。色んな冒険の合間にこんな時間を過ごしてるんだろうなぁと想像が広がります。

「雨とオークと菜の花と」作者:ハーバーさん
オーク退治する短篇シナ。花好きクーポンを付与出来るんだね!雨が降ると咲く催花雨(さいかう)と言う言葉を始めて知りました。綺麗な花と臭いオークのギャップがよかったです。野性っぽい感じの種族クーポンにも対応していて、戦闘が楽になったりするのも活躍してる感があって良かったです。

「毒サソリ退治依頼(2~3)」作者:ハーバーさん
沼で増殖した外来種のサソリを駆除するお話。思う存分サソリと戦えます。中毒による体力消耗が結構激しいけど、解毒アイテムもたくさんもらえるから安心。詐欺というだけでなく、こんな性質の悪い外来種を売りつけるとか酷いね。でも、どうして沼で繁殖してたんだろう。飼育籠から逃げ出したのか?女性の村長さんが頑張ってました。

「雪山(2~3)」作者:ハーバーさん
雪山で遭難した女性の捜索依頼。寒さで口数が少なくなって、淡々と歩く感じが出てました。二次遭難しないようテントを張って休んだりと丁寧な描写。戦闘は回避することもできるのが嬉しいですね。今回は冒険者の手柄と言うより、時を経ても自分たちの役割を忘れなかった村人達のおかげでしょう。心温まる作品でした。

「梅雨とオーガ(2~4)」作者:ハーバーさん
低レベル向けオーガ討伐シナ。自分より格上の相手と戦う駆け出し冒険者の緊張感が伝わってきて良かったです。好機を待つ時間の緊張感、戦いが始まって一気に片をつけようと攻撃を打ち込む気迫などが感じられました。シンプルながら良かったです。

「交易路の妖魔(3~4)」作者:ハーバーさん
交易路で行商人の馬車を襲った妖魔の討伐シナ。妖魔が人型で怪力だったという情報しかなく、どんな相手か分からないまま向かう不安が描かれてました。冒険者たるもの、妖魔の性質や習性を熟知してないと有利に戦えないもんね。中堅に差し掛かったくらいの冒険者なら、こんな感じだろうなぁというのが出てました。

「封印の剣(4~6)」作者:レカンさん
悪魔を封印した剣を回収するダンジョン探索シナ。ダンジョン内にいる敵や同じ目的でやってきた冒険者、そして不思議な骸骨男が個性的でした。敵を倒すと魔力が溜まり、その魔力と交換でアイテムをゲットできるので厳しめな戦闘も割と楽しめました(亡者退散大活躍)。孤高の女戦士Fouetさんが美しく、イベントで助けられれば連れ込みも。やりごたえありました。

「カースオブハタチ」作者:葛雅さん
こういうの大好きです。クスクス笑いながらPCの苦難を見守ります。仲間たちの他人事感がはんぱねぇ!PCがちょっとくらい壊れてても平気な人におすすめ。

「小さいことはいいことだ?(1~3)」作者:ハカセさん
報酬の温泉に惹かれて簡単な依頼を受けたつもりが、大冒険させられる破目になる探索シナ。ハカセのキャラが濃いですねー。いい加減な人かと思いきや意外とちゃんと考えてたり。レベル1で挑んだら敵が回避しまくって大変でした。敵が不浄の存在だと気付いたから何とかなったけど。たしかに不浄っちゃ不浄だよね(笑)ヘドロまみれでも大事件を未然に防いだ英雄だと言われれば嬉しくなるよね。低レベル向けのいいシナリオでした。とはいえ、あの状態じゃ温泉入れなくない?(苦笑)

「奇魚(2~3)」作者:Pabitさん
下水道の調査をする探索シナ。依頼人がとんでもない人で、冒険者たちが半ギレ状態でみんな口が悪くなってるのが面白かったです。ランダムエンカウントじゃないので探索もストレスフリー。結構ヤバい罠があるものの、横道があるとそっちに行ってしまうタイプなのでひっからずに済みました。しかし、この奇魚を作った魔術師もヤバい(笑)こんな奴ばっかりか!あと、依頼人の名前に笑いました。

2018/10/13

カードワースシナリオ「笑いの村」感想


推奨レベル:1~10
作者:かがちさん

呪われた村からの依頼で竜を倒すお話。
みんな笑ってる村人や止まない雨など、最初から不気味な雰囲気が漂ってました。

ダンジョンは3階層あって、上の階層に行くための試練が知と武から選べるのが良かったです。謎解きのみだったら詰んでたので(汗)
あんまりわからないのでクリア後に中を見てみたんですが、答えを見てもわからなかった…。誰か解読KCプリーズ。

あと、竜を倒すためのアイテムに使う順番があるらしく、それもわからないまま結局力押しで倒しました。脳筋!
別の宿でやり直してみたけどヒントらしきものは見当たらなかったし、戦闘前にセーブして何度も試せと言うことかな?

ちなみに、前回手に入らなかった千年軍の霊剣が欲しくて探索で粘りまくったら、金の延べ棒大量ゲットで貴金属を換金しただけで65750spに!
お金を稼ぎたい人は解錠スキルの回数が尽きた時のために精神力回復アイテムを持っていくのおすすめです。

終盤、進むごとにわかっていく竜の過去。
竜がどうして狂ってしまったのか、どんな気持ちで彼を待っていたかのエピソードが切なかったです。
いったいどこに行っちゃったんだろうなぁ…。

2018/10/10

CWまとめ感想(2018/10/10)

「呪われしローヴァン(8~9)」作者:地下帝国さん
アンデッド退治のほぼ戦闘シナ。最初に退魔グッズを貸し出してもらえるんだけど、敵の強さがどんなもんか調べてから借りるか決めようと思って乗り込んだら、戦ってるうちにそれを忘れてめっちゃ苦労してしまいました。何か知らないけど吟遊詩人のシモン君が亡者退散な歌スキルをぜんっぜん引いてくれなくて、掌破系スキルばっかり引くんですよ。「掌破好きなのはわかったから今は歌って!!」と何度も叫びたくなりました(汗)終盤は一戦ごとに瀕死状態で、ラスボスは初手で亡者退散が出るまで何度もやり直すことに。しかも、ため込んでいた消費アイテムを大放出しました。別のPTでやる時は、素直に聖印を借りて亡者たちを一掃してやりたいです。

「蟲姫(S.D.K版)(8~9)」作者:地下帝国さん
賢者の塔から盗まれた石のせいで狂暴化した虫たちと戦うお話。最初に虫嫌いのクーポンをつけられるというから、迷わずアスパラにつけてみました。お野菜だから虫は天敵のはず!いつもなら頼れるアスパラが、みんなに「がんば!」とか励まされてるのが可愛い。虫たちは炎が弱点らしく、即席武器や炎攻撃がいっぱいあったのでラスボスも問題なく勝てました。しかし、これだけの事件を起こしても賢者の塔は知らんぷりできるのか?怖い怖い。

「海の依頼の帰り道」作者:ぐらすさん
海で遊んでいたら、イカに見つめられる短編。生ものだけど大丈夫かな…と心配しつつお持ち帰り。連れ込みかと思ったらアイテムだった。その後、数々の強敵に飛び掛かって束縛しまくってます!

「ウソか真か幸せか」作者:ぐらすさん
片思い二人用20コンテンツ読み物。軽くセクハラというかヘンタイというか(笑)いつもの片思いPCふたりが、割とこんな感じの二人なので嵌ってました。とくに、恋愛とか鈍くてサバサバしてそうな_1が。ヘタレ参謀の方はいつもより頑張ってた!

「おいしうさぎ」作者:ぐらすさん
保護者とマスコット二人向け三人用20コンテンツ読み物シナ。りどみをちゃんと読まずに突入したら、クライスがめっちゃ可愛くなってしまった(笑)でも、あんまりケーキとか食べたことがなさそうだし、あんなに可愛いく作ってもらったら食べるのを躊躇しそうなところはあります。もっとツンデレな感じで。容赦ないシルファと「うさぎさーん!」がよかった。

「君だけの特権」作者:ぐらすさん
子供冒険者(_1)を含む六人用20コンテンツ読み物シナ。これは可愛いですね~。子供なだけじゃなく秀麗を持つシルファなら、ゆく先々でみんなに可愛がられそうです。しかし、もう一人の子供であるクラウスが「もらえる物ならもらっておかなきゃ」と元孤児らしいセリフを言ったり、ねこ耳頭巾を装備してるシルファに「それねこ耳フードですか?」と言ってきたり、嵌りすぎてて怖いくらい。仲間たちによる甘やかしっぷりがとても楽しかったです。

「あゝ、冒険の日々よ」作者:オサールでござ~るさん
親父の大切な高級酒を割ってしまった冒険者が、物置の片付けをしながらかつての冒険、または他の冒険者から聞いた話に想いを馳せるシナリオ。お喋りしながら作業してたらまた壊すぞーと思いつつ、他人から聞いた話でも興味深そうに話すのを聞いていたら、冒険者にとっての冒険というのはやっぱり特別なものなんだろうなぁと思えました。一度、冒険の醍醐味を知ったら、きっと簡単にはやめられないよね。

「30spでも節約したかったのに」作者:みかんさん
夏の31コンテンツシナ。とても自然な流れでの脱衣でした(笑)人外ばかりの片思いの狩人一行だと、3人ほど脱衣できてなさそうだけど。魔力節約フェスティバルという言葉のインパクトに笑うしかない。

「花束は柄じゃない」作者:みるっぱいさん
仲良し二人用短編読み物シナ。主人公にジャック君を選んだら、なんかとても可愛くなりました。せーので食べましょうって!それを食べた時の衝撃の表現も面白くて、でっかい赤字に思わず笑ってしまいました。付属テキストを読んだら、作者さんは実際に食べたことがあるんですね。どうりでリアルだ。バラの精霊に掌破で…のくだりもツボでした。

「過ぎ去りし旅を求めて」作者:ネコノツメさん
ルーラを唱えるだけのシナリオということですが、分母の数が半端ない!一つのシナリオにつき場所名、タイトル、作者名、公開日、一言コメントが書かれてるんですよ。うちはレベルmaxになると交代させてるのでどのPTでも読める部分が少ないのが寂しい。最大で24(+11)でした。アルバムを見ながらかつての冒険に想いを馳せる感じの作品ですね。

2018/10/07

CWまとめ感想(2018/10/07)

「カウンターにて」作者:ソイヤさん
自動診断&ミニゲームシナ。好きな飲物クーポンをつけられるのと、注文に応じて給仕するミニゲームが遊べます。堂々とツケで注文し、遅いからとキレる冒険者が酷い…。そんな冒険者に怒りつつ、ちゃんと最後はツケで飲物を出してくれる親父さんが天使のようですね!ミニゲームがなかなか楽しかったです。コックのアスパラが三ツ星ウェイターに!一人でレストラン経営できそうになってきた。

「ゴブリン爆弾(1~3)」作者:?
これは結構体力が少ない冒険者には厄介ですね。敵が多いほど受けるダメージが大きくなるので、体力がないとすぐ意識不明に。なんとなく眠らせたり束縛してからなら爆発しないかな?とか思ってたけど、中を見てみたらそんなことはなかった…。せめてコボルトが逃げてくれれば、と思って様子見したけど案外逃げてほしい時には逃げてくれない。ボス戦は防御を駆使してなんとか耐えました。手に入った爆発の杖にはその後何度もお世話になってます。

「魔術師と水晶(2~3)」「魔術師と水晶のその後」作者:石川さん
魔術を封じ込めたという水晶を探しに行く探索シナと、その後日談の読み物。可愛らしい絵と淡々とした雰囲気が妙にマッチしてました。落ちこぼれの魔術科学生の依頼人の言葉に、絶対触っちゃダメなやつだろーと思いつつ、ついパルに水晶を触らせてしまったり。戦闘後の「…ごめん」「大丈夫、帰ろう」のやり取りが良かったです。

「お詫びにチーズを(1~3)」作者:まろんさん
ネズミと和解するため高級チーズを届けに行くのを護衛する一人用短編シナ。和解するはずがネズミの見張りを始末しようとか言い出す依頼人が怖い(笑)顔は可愛らしいのに、かなり大胆な感じです。しゃべるネズミのボスを軽く説得して、チーズケーキで仲直り。かにかま君のオーダーに親父さんは答えられるのか!?

「手袋を買いに」作者:カビの人さん
獣人の子供一人用読み物。絵本のような語りで心が温かくなるような優しいお話でした。パルは親を亡くしてる設定なので、きっとこれは過去の話だね!みんな手のことを”おてて”と言うのが可愛いかったです。パルが嵌ってて嬉しくなりました。

「ハッピーバースデー」作者:ハーバーさん
誕生日PCをランダムで選んだら連れ込みワンコな九十九さんになりました。誕生日を祝うため、サプライズでケーキを買ってくるメンバーたちが可愛い…。ちょっと崩れたからともうワンホール買い直したりね。仲良しパーティにぴったりの短編読み物でした。

「凶作(1~2)」作者:ハーバーさん
畑を荒らすゴブリンたちの討伐依頼シナ。凶作の上にゴブリンによる被害で酷い状況なのに、なかなか依頼を受ける者が現れず犠牲者まで出てしまったとなれば、我々が完璧に任務遂行するしかないですね。最後の選択は心苦しいものの、あの状況で生かされても辛いだろうし…。PCの言う通り復讐にくるかもしれないしね…。せめてもう少し早く依頼に気づいていたらなぁと思う作品でした。せめて換金用アイテムの指輪を村人に返したかった…。彼らの村から奪ったものかもしれないし。

「逃げた犬を捕まえて!(1~2)」作者:ハーバーさん
散歩中に逃げ出した犬を探す短篇聞き込みシナ。冒頭のエピソードの時に逃げたのかと勘違いしてしまい、最初依頼人が嘘をついてるのかと疑ってしまった…。ごめんね(汗)小さな依頼も誠実にこなす冒険者を見て、依頼人の少年が心強く思っているところがよかったです。探索役が活躍して、森で足跡を追って行くところがいい感じ。わんこのためによそ見せず突っ走りました。大切な人たちとの時間は永遠じゃないとしんみりする冒険者に、お酒をおごってあげる親父さんが優しい!

「雪の日の森(1~2)」作者:ハーバーさん
薬草を採りに猪がいる雪深い森へ行くお話。雪国出身の冒険者を選べるということで、北の海出身?な海洋生物を設定。雪の歩き方とか仲間に教えてるのがシュールだし、やたらとこけたりマフラーをダメにする騎士に笑った。全体的に雑談がいっぱいあって楽しかったです。あと、どう考えても薄着過ぎるPCもいたので、他の人の心配をする前にあなたが服を着なさい!と思ったり。森から帰ってつかれてるのに、少しでも早くと薬草を依頼人の元へ届けに行くのが偉いなぁ。ちゃんと間に合ってよかったです。ほかほかパンと親父のポトフがあったかい!

「別荘の蜘蛛退治(1~3)」作者:ハーバーさん
タイトルどおり別荘の毒蜘蛛を退治する短篇シナ。毒蜘蛛がいる家で雑談しながらとは余裕ですね。蜘蛛なのでどこから来るか分からないのが怖いかも(とくに虫嫌いの方)普通に廊下を歩いていて、蜘蛛が上からするする…と降りてくる表現が良かった。普通にカードを表示してるだけなんだけどね。別荘にあるものは全部持って返っていいよと言った依頼人は、きっと蜘蛛嫌いに違いない。換金用の宝石げっと。